第二新卒の転職活動

【第二新卒】転職したきっかけを入社10ヶ月で退職した僕が振り返る

【第二新卒】転職したきっかけを入社10ヶ月で退職した僕が振り返る

  • 会社を辞めようか悩んでいる若手社員
  • 転職するきっかけが上手く見出せない
  • 新卒10ヶ月で退職した僕の体験談が知りたい

僕は新卒で入社したWeb広告代理店を10ヶ月で退職しました。

そして半年間にわたって、第二新卒として転職活動を行います

新卒1年未満の退職は相当不利になることは、僕自身も十二分に理解していました。

それでも転職を決意したきっかけがあり、退職を決意しました。

うむらうと
うむらうと
当記事では僕が転職を決意したきっかけと「転職のきっかけは人それぞれ」というテーマで書いていきます!

【第二新卒】僕が転職を決意した3つのきっかけ

①月80時間近い残業に嫌気が差した

僕が働いていたWeb広告代理店は、残業が多い業界として有名です。

当時は月60~80時間の残業を、絶望的な気分でこなしていました。

月100時間以上も残業していた先輩もいました。

うむらうと
うむらうと
その先輩は「普段は21時帰宅で、アポの前日は0時越えが当たり前」と豪語していました。

ちなみに会社では残業は月60時間以内」というルールが設けられていました

しかし半分以上の社員が、当たり前のように月60時間以上の残業をこなすのです。

事後申請のため「毎月59.5時間でギリギリ申請してるわ~(笑)」という人も存在しました。

残業が多い業界だとは聞いていましたが、想像以上の労働量に嫌気が差してしまいました

そして入社から5か月後適応障害を発症し、1ヶ月間の休職が必要だと診断されます

②業務内容に全く興味が持てなくなった

想像以上の業務量に加え、業務内容に興味が持てなくなったことも、転職を決意したきっかけです。

当時大学生だった僕は「何かイケてそう」という理由で、Web広告代理店に絞って就活をしていました

うむらうと
うむらうと
今振り返ると、本当に薄っぺらい理由だったな…と後悔しています。

全然興味が持てない仕事を長時間行うことは、僕にとって苦痛でしかありませんでした

③心身共に限界を迎えてしまった

先程書いたように、僕は入社から5ヶ月で適応障害を発症し、1ヶ月の休職生活を経て、何とか職場に復帰します

どうにか復帰したものの、復帰から2か月後、目まいや吐き気など、適応障害の症状が再発してしまいます。

「もう会社に行くのマジできつい…」「今すぐにでもクビにされた方がマシだ…」

心身ともに限界を迎えていた時、テレビで退職代行サービスの特集を目にします

当時の僕は「退職代行サービス」のことなど全く知りませんでした。

うむらうと
うむらうと
「こんな画期的なサービスがあるのか!」と思わず感動してしまいました。

そして僕はすぐさま退職代行EXITに連絡し、次の日からは会社に出勤しませんでした


転職のきっかけは人それぞれ【自分で決断しよう】

僕が転職を決意したきっかけについて書いてきました。

転職のきっかけは、百人いれば百通りあると思います

給与面・労働時間・人間関係など、主要な理由はあれども、転職に至るまでの背景は人によって異なります

ハッキリと言えば「転職しようかな」と感じた瞬間が、転職をすべきタイミングです。

うむらうと
うむらうと
「転職しようかな…」というモヤモヤを抱えて仕事をしても、集中力が欠けて、良い結果には繋がらないでしょう

転職するか悩んでいるなら転職エージェントに相談もアリ

転職すべきか否かは、最終的には自分で決断すべきだと思います。

しかし1人だけで考えていても、なかなか答えは出ない上に、不安になりますよね。

特に第二新卒と呼ばれる世代は、スキルや社会経験に乏しく、転職活動に踏み切るにも、相当不安があるでしょう

第二新卒とは「学校を卒業後、1~3年で転職を志す25歳前後の人材」を指します。

初の転職活動職務経験&スキル不足職務経歴書や面接でのアピール方法給与交渉…。

少し考えただけでも、不安要素が多々あることが分かります。

うむらうと
うむらうと
僕は転職エージェントを利用せずに、転職活動をしていました。「転職エージェントを利用しておけば良かった…!」と後悔しています。 

そこで転職をすべきか否か判断するために、転職のプロに相談することをオススメします

第二新卒が転職エージェントを使うべき理由は、下記の通りです。

第二新卒が転職エージェントに登録すべき5つの理由

  1. 転職活動で必要なサポートを無料で受けられる
    →独力より圧倒的に効率が良い
  2. 企業との給与交渉や日程調整を代理で行ってくれる
    →心理的な負担がなくなる
  3. 個別での相談や、専門的なカウンセリングをしてくれる
    →転職活動に対する不安や疑問を解消できる
  4. 適性診断を通して客観的な「自己分析」が可能
    →自分に合う希望の仕事や企業が見つかる
  5. 面接対策履歴書の書き方の指導が受けられる
    →内定獲得までの包括的なサポートを受けられる

転職エージェントはプロの目線から、あなたに寄り添ったサポートを行い、内定獲得まで真摯に向き合ってくれます。

転職エージェントに相談するだけでも、現在抱えている悩みや不安に対する解決策が見えてくるかもしれません。

うむらうと
うむらうと
下記に僕がオススメする転職エージェント毎のオススメポイントを紹介しています!

第二新卒向け転職エージェント毎のオススメポイント!

絶対に登録しておきたいのがdoda&マイナビ&就職ショップ

うむらうと
うむらうと
もっと第二新卒向けの転職エージェントを知りたい方は、下記の記事も合わせてご覧ください!
ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!