第二新卒の転職活動

第二新卒の転職活動って厳しいの…?→正直に言えば相当厳しいです

第二新卒の転職活動って厳しいの…?→正直に言えば相当厳しいです

  • 今いる会社を辞めようか悩んでいる ※社会人1~3年目
  • 第二新卒の転職事情を知りたい
  • 第二新卒の転職活動で苦戦を強いられている

当記事で分かること

  • 第二新卒の転職活動が厳しいとされる理由が分かる
  • 第二新卒の転職活動の実情を、僕の体験談を通して理解できる

僕は新卒で入社したWeb広告代理店を10ヶ月で退職します。

その後第二新卒として6か月間ほど転職活動をしました。

はっきり言って第二新卒の転職活動は、相当しんどいし、心が折れます。

大学生の就職活動の方がはるかにイージーモードだと感じたくらいです。

第二新卒の転職活動が厳しい3つの理由

スキルを評価してもらえない

第二新卒は新卒採用ではなく中途採用という枠組みで選考を受けることになります

そのため学生時代の実績ではなく、社会人としてどのようなスキルを身につけたか、どんな実績を挙げたのかを重要視されます。

しかし第二新卒の転職では、経験に乏しかったり、実績が皆無というケースも珍しくありません。

シマリスくん
シマリスくん
入社して半年~1年間はひたすら研修という企業もあるからね

スキルも実績も皆無で無理やりアピールをしても、話を盛っていると見抜かれてしまっては、企業側にはむしろマイナスイメージとなります。

ネガティブなイメージがつきまとう

第二新卒の定義は「新卒で入社後3年以内に退職し、転職を志す人材」というのが一般的です。

そのため、

すぐに退職しそうだなあ…、根性が無さそうだし…

というネガティブなイメージが先行してしまいます。

退職理由がおおよそネガティブな内容なのは、企業側にとっても明らかです。

想像していた仕事と違った…、人間関係が嫌になった…、何となくだるかった…。

なんて、面接の場で言えるはずもありません。

特に1年未満の退職だと、社会不適合者という烙印を押されても、何も言い返せないレベルです。

求人数が少ない

第二新卒はスキル・経験が乏しい上に、ネガティブなイメージがあることから、どうしても求人数が少ないです。

大手転職サイトのリクナビNEXTでは、求人数22192件に対して、「第二新卒歓迎」の求人は7202件※2019/7/12現在

総求人数の32%しか第二新卒を受け入れていないことが分かります。

求人も業界・職種によって偏りがあり、希望の仕事に就ける可能性は、あまり高くないと考えてください。

シマリスくん
シマリスくん
いわゆる3K業界の求人はたくさんあるけど、好待遇なホワイト大企業の求人は皆無だね

【体験談】第二新卒の厳しさを痛感させられる半年間

僕は第二新卒として、6か月間転職活動をしました。

正社員の求人に100件近く応募して、最終的に内定は1社も出ませんでした。

手始めに30社応募して、1社も書類通過しなかった時は流石に心が折れましたね…。

10ヶ月未満で退職したので、スキル・実績に乏しく、また志望動機や将来の軸も定まっていなかったのが、失敗の原因です。

そのため面接に進めても、薄っぺらいことしか言えず、当然のように落とされます。

スキル・実績が無い人材なんて社会から見れば、こんな評価しか受けないのか…」と社会の厳しさを痛感させられました。

タカちゃん
タカちゃん
学生時代の就活みたいに「ノースキルでも人柄良ければ大歓迎!」みたいな世界ではないですね

第二新卒なら転職エージェントに相談しよう

第二新卒はスキルや社会経験に乏しく、企業側にアピールをするのは、正直かなりハードルが高いです。

初の転職活動職務経験&スキル不足職務経歴書や面接でのアピール方法給与交渉…。

少し考えただけでも、不安要素が多々あることが分かります。

うむらうと
うむらうと
僕は転職エージェントを利用せずに、転職活動をしていました。「転職エージェントを利用しておけば良かった…!」と後悔しています。 

第二新卒が転職エージェントを使うべき理由は、下記の通りです。

第二新卒が転職エージェントに登録すべき5つの理由

  1. 転職活動で必要なサポートを無料で受けられる
    →独力より圧倒的に効率が良い
  2. 企業との給与交渉や日程調整を代理で行ってくれる
    →心理的な負担がなくなる
  3. 個別での相談や、専門的なカウンセリングをしてくれる
    →転職活動に対する不安や疑問を解消できる
  4. 適性診断を通して客観的な「自己分析」が可能
    →自分に合う希望の仕事や企業が見つかる
  5. 面接対策履歴書の書き方の指導が受けられる
    →内定獲得までの包括的なサポートを受けられる

転職エージェントはプロの目線から、あなたに寄り添ったサポートを行い、内定獲得まで真摯に向き合ってくれます。

転職エージェントに相談するだけでも、現在抱えている悩みや不安に対する解決策が見えてくるかもしれません。

うむらうと
うむらうと
下記に僕がオススメする転職エージェント毎のオススメポイントを紹介しています!

第二新卒向け転職エージェント毎のオススメポイント!

絶対に登録しておきたいのがdoda&マイナビ&就職ショップ

うむらうと
うむらうと
もっと第二新卒向けの転職エージェントを知りたい方は、下記の記事も合わせてご覧ください!

対面での相談が面倒なら、スマホであなたの市場価値を算出できるミイダスがオススメです。

優良企業50,000社以上がミイダスを利用し、たった5分であなたの経歴を公開できます。

市場価値を踏まえた年収が算出される上に、企業からのオファーも届くので、社会人なら1度は試しておきたい転職アプリです。

うむらうと
うむらうと
ミイダスの登録&利用は完全無料。転職サイトやエージェントを利用するのが面倒な人にオススメです。

第二新卒の転職活動は独力だとマジで厳しい

第二新卒の転職活動は、正直独力だとかなり厳しいです。

学生時代の就職活動と違い、ハンディキャップを背負った状態での転職活動といっても過言ではありません。

あなたがよほど魅力的な人柄か、3年未満でも優れたスキル・実績を残していない限り、「訳アリ人材」という評価を下されるのがオチです。

第二新卒に特化した転職エージェントを使えば、第二新卒が転職活動で抱える懸念点は、大部分がケアされます。

シマリスくん
シマリスくん
エージェント側も、第二新卒の性質を徹底的に知り尽くしているからね

もし第二新卒として転職活動をするなら、転職エージェントを活用するだけでも、内定獲得の可能性は格段に高まるはずです。

もし今困っていたり、悩んでいているなら、プロの力を借りることで状況が好転するかもしれません!

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!