第二新卒の転職活動

第二新卒のメリット・デメリットを考察してみる【転職者の目線】

第二新卒のメリット・デメリットを考察してみる【転職者の目線】

  • 第二新卒として転職活動を開始する予定がある
  • 会社を辞めようか悩んでいる25歳前後の若手社員(第二新卒世代)
  • 第二新卒のメリット・デメリットを知りたい

当記事で分かること

  • 第二新卒のメリット・デメリットが理解できる
  • 第二新卒が効率良く転職活動を進める方法が分かる

僕は新卒で入社したWeb広告代理店を10ヶ月で退職しました。

そして半年間にわたって、第二新卒として転職活動を行っていました

第二新卒とは「学校を卒業後、1~3年で転職を志す25歳前後の人材」を指します。

第二新卒にはメリット・デメリットがあり、これらを理解することで、自らの強みを活かした転職活動が可能になります。

うむらうと
うむらうと
当記事では転職者の目線から見た第二新卒のメリット・デメリットについて紹介していきます!

第二新卒として転職する3つのメリット

①早期の段階でキャリアの修正が可能

25歳前後で転職活動をすると、早期の段階でキャリアの修正が可能になります。

今の仕事は自分に合ってないな…」と我慢しながら働き続けて、成長スピードも遅いとなれば、人材としての価値は高まりません

そして30代になると、異業種への転職は極めて困難になります。

自分に合わないと感じる仕事を続けるくらいなら、早期の段階で転職をした方が、今後の人生においてプラスに転じるでしょう

②柔軟性や適応力を評価される

第二新卒世代は、年齢的に若いため、企業から柔軟性や適応力を評価されやすいです。

前職の勤務年数が長い人材は、業界の慣習などが原因で、新たな企業文化になかなか馴染めいケースも存在します。

一方で第二新卒世代は、前職の企業文化に馴染む前に退職した人材です。

そのため転職先でも苦にならずに、新たな企業文化に馴染んで、パフォーマンスを発揮しやすくなります

③反省を踏まえて仕事探しが出来る

第二新卒で転職を考える大多数は、ネガティブな理由が原因ではないでしょうか。

そのため「次は失敗したくない!」という思いから、学生時代の就職活動以上に、熱心に転職活動に励む人が多いのです。

自分のキャリアや人生観と深く向き合う機会になるので、転職活動をきっかけに、天職に出会えるかもしれません。


第二新卒として転職する3つのデメリット

①即戦力人材としてみなされない

第二新卒世代は3年未満で退職した人材なので、企業側からスキルが浅いと見られがちです。

中途採用では即戦力を求める企業が多いため、企業側に人材育成の余地が無いと、そもそも求人を募集しないこともあり得ます。

うむらうと
うむらうと
スキルが無い分、やる気やポテンシャルをアピールすることで、自分を売り込んでいきましょう!

②大手・人気企業への入社は困難

第二新卒の転職活動では、大手・人気企業への入社は困難です。

入社の倍率が異常に高いため、余程優れた人材でない限り、採用まで至るのは茨の道でしょう。

また大企業は採用計画が綿密に定められており、新卒一括採用で新卒人材を採用するケースが多いです。

そのため第二新卒世代には、大企業からのチャンスがなかなか廻ってこないと言えます。

うむらうと
うむらうと
第二新卒の転職活動では、知名度や規模感に捉われすぎないことが大切です。

③退職理由の説明が難しい

第二新卒の退職理由は、ネガティブな理由がほとんどだと思います。

何となく合わなかった」「人間関係が嫌になった」程度の理由では、企業側から門前払いを喰らってしまいます。

無理やりでも構わないので、ポジティブな退職理由を見つけられると、転職活動自体も前向きに進めることが出来ます

うむらうと
うむらうと
物事には良い面と悪い面があるので、何かしらポジティブな退職理由がきっと見つかるはずです。

第二新卒の転職活動はデメリットの方が大きい

第二新卒のメリット・デメリットについて書いてきました。

結論から述べると、第二新卒の転職活動はデメリットの方が大きいです

企業側は中途採用の人材に対して、即戦力となるスキルを欲しています

3年以内の職務経験で即戦力となるスキルを身に付けるのは、簡単なことではありません

うむらうと
うむらうと
僕の意見としては、少なくとも1年間は働かないと、企業からは「新卒同然」の扱いしか受けられないでしょう。

逆に言えば、1年間働いて合わないと感じたら、転職を考えるタイミングです。

そして1年未満での退職は、企業側から大きく敬遠されてしまいます。

企業側の「根性が無さそう」「またすぐに辞めるのでは?」という懸念を払拭するのは、正直かなり難しいです。

うむらうと
うむらうと
実際僕は10ヶ月で退職して転職活動をしましたが、書類選考で9割近く落とされました

第二新卒は転職エージェントの利用がマスト

第二新卒はスキルや社会経験に乏しく、企業側にアピールをするのは、正直かなりハードルが高いです。

初の転職活動職務経験&スキル不足職務経歴書や面接でのアピール方法給与交渉…。

少し考えただけでも、不安要素が多々あることが分かります。

うむらうと
うむらうと
僕は転職エージェントを利用せずに、転職活動をしていました。「転職エージェントを利用しておけば良かった…!」と後悔しています。 

第二新卒が転職エージェントを使うべき理由は、下記の通りです。

第二新卒が転職エージェントに登録すべき5つの理由

  1. 転職活動で必要なサポートを無料で受けられる
    →独力より圧倒的に効率が良い
  2. 企業との給与交渉や日程調整を代理で行ってくれる
    →心理的な負担がなくなる
  3. 個別での相談や、専門的なカウンセリングをしてくれる
    →転職活動に対する不安や疑問を解消できる
  4. 適性診断を通して客観的な「自己分析」が可能
    →自分に合う希望の仕事や企業が見つかる
  5. 面接対策履歴書の書き方の指導が受けられる
    →内定獲得までの包括的なサポートを受けられる

転職エージェントはプロの目線から、あなたに寄り添ったサポートを行い、内定獲得まで真摯に向き合ってくれます。

転職エージェントに相談するだけでも、現在抱えている悩みや不安に対する解決策が見えてくるかもしれません。

うむらうと
うむらうと
下記に僕がオススメする転職エージェント毎のオススメポイントを紹介しています!

第二新卒向け転職エージェント毎のオススメポイント!

絶対に登録しておきたいのがdoda&マイナビ&就職ショップ

うむらうと
うむらうと
もっと第二新卒向けの転職エージェントを知りたい方は、下記の記事も合わせてご覧ください!

対面での相談が面倒なら、スマホであなたの市場価値を算出できるミイダスがオススメです。

優良企業50,000社以上がミイダスを利用し、たった5分であなたの経歴を公開できます。

市場価値を踏まえた年収が算出される上に、企業からのオファーも届くので、社会人なら1度は試しておきたい転職アプリです。

うむらうと
うむらうと
ミイダスの登録&利用は完全無料。転職サイトやエージェントを利用するのが面倒な人にオススメです。
ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!