旅行

エポスカードが海外旅行にオススメな5つの理由【年会費永久無料】

海外旅行にオススメなエポスカードとは?

今度海外旅行に行くんだけど、エポスカードってオススメなのかな…?

エポスカードを発行するか迷っているので、必要な情報を知りたいな。

エポスカード以外にもオススメの海外旅行用カードがあれば知りたい!

 

こういった疑問に応えていきます。

 

当記事で分かること

  • エポスカードの概要(スペック)
  • エポスカードが海外旅行にオススメな理由
  • エポスカードの良くない点
  • エポスカード以外にオススメの海外旅行用カード
  • エポスカードはこんな人にオススメ!

 

実際に僕はエポスカードを発行して、2019年に8ヶ国を旅しました

 

結論から言えば、エポスカード海外旅行に行くならぜひ抑えておきたいカードです。

 

 

エポスカードの海外旅行保険の概要

最初にエポスカードの概要(スペック)について書いておきます。

補償内容補償金額
傷害死亡・後遺障害500万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
賠償責任2000万円
救援者費用100万円
携行品損害20万円

※出発日から90日以内が補償対象

 

補償内容を更に詳しく解説します。

 

傷害死亡・後遺障害

補償額:500万円

 

海外旅行中に事故によって死亡したり、後遺症が残った際の補償です。

 

傷害治療費用

補償額:200万円

 

事故で怪我を負った際の治療費用が補償されます。

 

疾病治療費用

補償額:270万円

 

疾病の治療や入院費用を補償してくれます。

海外では体調不良や予期せぬ病気にかかる事も十分あり得ます。

 

エポスカードは年会費永久無料で、補償額は270万円

 

エポスカードの1番の強み疾病治療費用の手厚さだと僕は考えています。

 

ちなみに一般的な無料クレジットカードだと疾病治療費用が100~200万円程度に抑えられており、少し不安です

 

賠償責任

補償額:2000万円

 

他人を怪我させてしまったり、物を壊してしまって賠償・弁償するケースです。

賠償損害額はもちろん、裁判になった際の費用まで補償してくれます。

 

救援者費用

補償額:100万円

 

カードの所有者が遭難した場合、捜索や救助にかかる費用が補償されます。

家族の渡航費や宿泊費、そして搬送費用まで含まれます。

 

携行品損害

補償額:20万円

 

持ち物が盗難にあったり、事故で破損してしまった際の補償です。

20万円まで補償してくれるので、スマホやノートPCは実質全額補償してくれます。

※ただし免責分の3,000円は自己負担

 

うむらうと
うむらうと
補償内容について更に詳しく知りたい方は、エポスカードの公式サイトをご覧ください。

 

エポスカードが海外旅行にオススメな5つの理由

年会費が永久無料

エポスカードは、年会費が永久無料という最強の1枚です。

 

初年度だけ無料で、2年目以降はしれっと年会費を請求するような小細工もありません。

 

入会金も無料なので、作らない理由が見当たらないのが正直なところです。

 

自動付帯で保険を利用できる

エポスカードは自動付帯で保険を利用できます

 

自動付帯だと、カードを持っているだけで海外旅行保険に自動的に加入できます。

 

つまり「海外に行くから事前に保険の手続きしないと…」という心配は不要です

 

あなたが海外に行けば、自動的に海外旅行保険に加入したことになります

※エポスカードは出発から90日以内が補償の対象期間です。

 

90日(3ヶ月)の期間なら、旅行はもちろん、海外出張でも対応出来ますね

キャッシュレス診療OK

エポスカードでは、キャッシュレス診療に対応しています。

 

キャッシュレス診療だと、現地の病院で、あなたの代わりに保険会社が直接病院に支払いをしてくれます。

 

一昔前だと「現地の病院で自費で立て替えて、後にカード会社に領収書を送って申請する」というのが一般的でした。

 

キャッシュレス診療では、自費で病院の費用を支払わずに済むので、面倒な手続きが全く必要ありません!

割引などの特典が多い

エポスカードは海外での利用特典が多いのも特徴です。

 

例えば台湾、韓国、タイ・ハワイで、免税店やデパートやレストランで割引があります。

 

ゴールドカードだと、空港でのラウンジも利用出来ます。

即日発行&即日受取が可能

エポスカードは即日発行&即日受取が可能です。

 

マルイ店舗のエポスカードセンターで、即日発行&即日受取が可能です。

マルイの店舗は東京・神奈川・埼玉・茨城・静岡・京都・大阪・兵庫・福岡にあります。

 

海外旅行が間近に迫っているのに、まだ海外旅行保険に加入していない…。

そんな方に評判の良いサービスです。

 

ネットで事前に申し込んでおけば、店舗での受け取りは通常30分以内に終了します。

 


エポスカードの良くない点も紹介します

エポスカードのオススメポイントを紹介しました。

 

良い点ばかり書くのも信ぴょう性に欠けるので、エポスカードの良くない点もご紹介します。

レンタル品の盗難は保険対象外

エポスカードでは、海外旅行時のレンタル品の盗難は保険対象外です。

 

そのため、Wi-fiルーター・スーツケース・海外用携帯電話などのレンタル品は対象外となります。

無料のエポスカードだと空港ラウンジは使えない

無料のエポスカードだと、空港ラウンジは全く使えません。

 

もしエポスカードで空港ラウンジを使いたいなら、ゴールドカードに加入しましょう。

 

そもそもラウンジが利用できる無料カードは、なかなか見当たらないですね…。

地域によっては補償額が少し不安

エポスカードの補償額は、地域によっては少し不安なのが正直なところ。

 

中国・韓国・台湾・東南アジアは、医療費が比較的安めなのでエポスカード1枚で十分安心です。

 

一方でアメリカやヨーロッパ医療費が高いです。

 

検査入院で1泊30万円日帰り手術で100万円なんて話も耳にします。

日本への医療搬送となれば500万円かかるケースも…。

 

重い病気や怪我を考慮すると、エポスカード以外のカードにも加入する必要があります

もう1枚海外保険用のカードがあれば更に安心!

エポスカード1枚だけだと、補償額に不安を感じる…。

 

その場合は、エポスカードに加えて、もう1枚カードを発行すれば、更に安心です!

 

実は海外旅行保険付きのクレジットカードを2枚以上持っていると、各々の項目ごとに補償金額の合算が可能なのです。

※ただし傷害死亡/後遺障害は合算されません。

 

例えばエポスカードと楽天カードの補償額を合算してみます。

 エポスカード楽天カード合算結果
保険期間90日90日90日
傷害死亡/後遺障害500万円2000万円2000万円
傷害治療費用200万円200万円400万円
疾病治療費用270万円200万円470万円
賠償責任2000万円2000万円4000万円
携行品損害20万円20万円40万円
救援者費用100万円200万円300万円

※「傷害死亡/後遺障害」の項目だけは合算されず、補償金額が高い方が適用されます。

※楽天カードは「利用付帯」なので、海外旅行に関する交通費をカード払いした場合のみ保険が有効になります。

 

上記で合算した補償額であれば、世界中どこへ行っても安心です。

 

実際に僕はエポスカードと楽天カードの2枚持ちで海外旅行をしています

とにかく旅先での安心感があるので、思いっきり旅を楽しめちゃいます

 

エポスカード楽天カード年会費は永久無料

保険の補償額も十分なので、楽天カードは楽天ユーザー以外でも発行する価値があります

 

エポスカードとの合算用カードとして、楽天カードオススメの1枚です。

 

エポスカードはこんな人にオススメ

最後に、エポスカードをオススメしたい人の特徴を書いておきます。

エポスカードはこんな人にオススメ!

  • 海外旅行保険が付帯しているカードを1枚も持っていない
  • 手持ちのカードと補償額を合算させて、安心して旅を楽しみたい

 

海外旅行用のカードを1枚も持っていない人は、エポスカードは即加入すべきです。

 

入会費&年会費永久無料で、ここまで補償額が手厚いカードは存在しないです。

 

既に海外保険が付帯するカードを持っている人エポスカードは加入の価値アリです。

 

補償額の合算目的でエポスカードを発行すれば、ますます安心して旅行を楽しめます

 

入会費&年会費永久無料かつ自動付帯なので、サクッと発行して財布に入れておけばOK

 

うむらうと
うむらうと
悩んでいる時間がもったいないので、迷っているならとりあえず申し込んでみる事をオススメします。

 

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!