旅行

【2019年】ドイツ・フランクフルトのFKKを観光してきました!

【2019年】ドイツ・フランクフルトのFKKを観光してきました!

  • ドイツ・フランクフルトに観光で訪れる予定がある
  • ドイツ・フランクフルトのFKKに興味がある

 

うむらうと
うむらうと
2019年5月30日から6月6日まで5泊8日ドイツ・フランクフルトのFKKに行ってきました。

 

結論から言えば、ドイツ・フランクフルトのFKKに行って本当に良かったです。

ドイツ・フランクフルトのFKKに行ったきっかけ

正直なことを言えば、前々からFKKという場所に興味があったからです。

 

うむらうと
うむらうと
エロブロガーのJOJO氏が世界一と絶賛していたので、ますます興味が湧いていました。

 

僕は約半年間ニート生活していたので、せっかくだからこのタイミングで行こうと決意した次第です。

 

ちなみにフランクフルトのFKKは4ヶ所廻りました。

 

Sharks→World→Oase→Mainhattanの順です。

 

個人的にFKKの順位を付けてみました。

フランクフルト FKKランキング

1位 Mainhatten 90点
一部の嬢の質が極めて高い アクセス良好 ハンバーガーがマジ絶品

狭い点を除けば◎

 

2位 Oase 88点
雰囲気が好き 庭も広い 飯は普通 ドリンクがぬるい 嬢の国籍豊富

飯と嬢の質が良ければぶっちぎりで1位

 

3位 World 83点
これぞFKKという広大な庭 スタッフの愛想が良い

ただしルーマニア人ばかりで嬢の質もいまいち…

 

4位 Sharks 75点
施設・嬢の質は悪くない 嬢の数は断トツでNo.1

ただし嬢の営業がしつこい、客が多くて落ち着かない

 

(※点数は独断と偏見と直感です)

 

順位と矛盾していますが、1ヶ所だけFKKに行くならSharksがオススメです。

 

嬢の数が他のFKKに比べて3~5倍もいるので、あなた好みの嬢が必ず見つかるはずです。

 

うむらうと
うむらうと
個人的にOaseの雰囲気が好きですが、食事の質がいまいちなんだよな…。

フランクフルトのFKK&観光で注意したい点

FKK観光で注意したい点

  • Sharksは初見客をカモにしようとする嬢に注意

    →「ドリンク注文してあげるね!」と親切にされ、その後の勧誘がしつこいです

 

  • Oaseは絶対にタクシーを使うべき
    ※最寄駅から歩いて行ったら高さ50cmの草むらを3分ほど歩くハメになりました

 

  • 最低限の英会話は覚えていこう

    →英語が出来ないと、嬢との会話が楽しめず、すぐに勧誘を受けます

 

  • 嬢と遊ぶ前に時間とお金とサービス内容を確認する

    →会話の流れを遮ってでも、事前にプレイ内容の合意を取るべき
    です

 

FKKではプレイする前に、嬢と会話をしたり、サービス内容の確認を行います。

 

英語が出来ないと、プレイ前のイチャイチャも出来ず、料金をぼったくられるリスクがあります。

アジア人のFKK初心者&英語下手な客をカモにする嬢は、残念ながら一定数存在します

 

また嬢もあくまで1人の女性なので、仲良くなれた方が気持ちの良いサービスをしてくれるものです。

 

会話が成り立たなくても一応は遊べますが、どうせFKKに行くなら、嬢とイチャイチャして最高に楽しみたいですよね!

 

そのため英会話に不安があるなら、日本で事前に英会話の勉強をオススメします。

 

うむらうと
うむらうと
僕はスタディサプリ1週間無料体験を使って、サクッと英会話フレーズをインプットしました。

 

スキマ時間にスマホで勉強できるので、苦にせず勉強を続けられました。

 

旅先での英会話に不安のある方は、FKKをきっかけに習得しちゃいましょう!

 

→【スマホでOK!】スタディサプリの1週間無料体験を試してみる

フランクフルト観光で注意したい点

  • 基本的に治安は良好、ただし深夜は出歩かない方が良い

 

  • 食費を安く済ませたいならマックや街のパン屋を利用する→FKKに滞在すれば食費が浮きます

 

  • 物乞いに声をかけられたら「No,thanks」と言って無視する

    →フランクフルト中央駅では物乞いがいるので、特に注意してください

 

  • 春~夏は日の出が長い、22時頃にようやく日が沈む

 

  • 海外保険には絶対に加入しておく

 

フランクフルトの治安はかなり良好なので、危険な目に遭うことは無いと思います。

 

ただし海外保険への加入は抑えておくべきです。

 

僕はエポスカードに加入しておきました。

 

エポスカードには海外旅行保険が付帯されています。

1回の旅行につき最高90日間まで補償。

疾病治療費用は270万円、携行品損害は20万円まで保証してくれます。

 

ちょっとした体調不良や風邪であれば余裕で保証が効きますね。

iPhoneやノートPCくらいの金額の持ち物も保証してくれます。

 

自動付帯なので、カードをサクッと発行して財布に入れておくだけで、保険が適用されてとても便利です。

 

実際に僕もネットで申し込みましたが、5分くらいで申し込みが完了しました。

 

→【5分で完了!】エポスカードを発行してみる【年会費永久無料】

 

うむらうと
うむらうと
エポスカードが海外旅行用保険としてオススメな理由を、下記の記事で紹介しています。

 

ドイツ・フランクフルト FKK観光の予算と旅程

FKK旅行の予算

  • 航空費:78,945円

 

  • 宿泊費:23,181円

 

  • FKK費:834.5ユーロ(約103,000円)

 

  • 食費・雑費:94ユーロ

FKK費用の詳細も下記に書いておきます。

  • FKK入場料:232ユーロ
    World 52ユーロ
    Sharks 65ユーロ
    Oase 50ユーロ
    Mainhattan:65ユーロ

 

  • プレイ料:520ユーロ

 

  • 交通費:82.5ユーロ
    Oase 22ユーロ
    World 38ユーロ
    Sharks 17ユーロ
    Mainhattan 5.5ユーロ

ドイツはとにかく物価が高いですね。

 

フランクフルト空港のトランジットエリアでは水が3ユーロもして気が狂いそうになりました。

 

FKKは食べ飲み放題なので、そこで頑張って食費を浮かせてました。

FKK旅行の旅程

5/30~5/31早朝 移動

5/31 Sharks

6/1 観光

6/2 World

6/3 Oase

6/4 Mainhattan

6/5~6/6 帰国

移動時間が長く、5泊8日という変則的な旅程でした。

 

初のヨーロッパだったので、一通りの観光も楽しみました。

フランクフルト市内で、カイザー通り、レーマー広場、大聖堂、クラインマルクトハレ、ゲーテハウスに行きました。

 

とはいえFKKがメインの旅行だったので、ササっと見学して終わらせました。

フランクフルトのホテルと飛行機

僕はフランクフルトのホテルと飛行機をExpediaで予約しました。

 

 

航空券+ホテルで予約すると、ホテル代が最大全額無料のサービスがあります。

 

航空券+ホテルで予約をするならExpediaはコスパ抜群ですね。

宿はフランクフルト中央駅のホテルトパーズ

宿はホテルトパーズを利用しました。

 

フランクフルト中央駅から徒歩3分と抜群の立地です。

室内はとても清潔でした。日本のビジネスホテルと遜色ありません

 

無料Wi-fiもサクサク動くので、部屋で仕事をするにも申し分ない環境です。

 

朝食はビュッフェ形式です。

パンやハム、チーズ、ヨーグルトなど、シンプルですが、十分美味しかったです。

 

スタッフはとても親切で、外出の際には、快くカギを預かってくれました。

 

料金1泊あたり4,000円でした。コスパは相当良いと思います。

 

ドイツは物価が高いので、4,000円で清潔&親切&好立地と三拍子揃う宿を探すほうが難しいですね。

 

まだホテルを決めていないなら、ホテルトパーズをオススメします。

 

→Expediaでホテルトパーズを予約する

→agodaでホテルトパーズを予約する

 

東横インもフランクフルト中央駅すぐそばに位置しています。

 

2017年3月に出来たばかりで、評判もすこぶる良いらしいです。

 

日本にいる感覚で安らぎを求めるなら、東横インは安定ですね。

 

→agodaで東横インを予約する

チェックインする際に滞在の目的を聞かれます。

 

その際に観光と答えた場合、都市宿泊税として1泊あたり2ユーロ請求されます。

 

一瞬ぼったくられたのかと疑心暗鬼になりましたが、決してそうではありませ]ん。

 

都市宿泊税を知らずにぼったくられたと勘違いして揉めないようにしましょう。

飛行機はエティハド航空を利用しました

エティハド航空で成田ーアブダビーフランクフルト便を予約しました。

 

エティハド航空は添乗員の愛想も良く、サービスに不満は無かったです。

 

うむらうと
うむらうと
僕の記事を参考に、フランクフルトのFKKを満喫してください~

 

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!