仕事

派遣社員が遅刻しそうな時の対処法を紹介します【始業時間までに連絡しよう】

派遣社員「出勤しようと思ったら、遅刻しそうだ…。どうすれば良いのだろう。

遅刻しそうな時の対処法や言い訳を教えて下さい!」

こういった疑問に応えていきます。

 

当記事を書いている僕は、2020年2月より、外資系マーケティング会社で派遣社員として働いています。

 

どんな人でも遅刻をした経験はあるのではないでしょうか?

自分のミスであれ、やむを得ない事情であれ、遅刻する場合は誠実に対処する必要があります。

 

そこで当記事では派遣社員が遅刻しそうな時の対処法と言い訳を紹介していきます!

派遣社員が遅刻しそうな時の対処法

まずは就業先に連絡する

遅刻しそうなら、まずは就業先に連絡をしましょう。

遅刻する旨と到着時間を必ず伝えてください。電話が望ましいです。

 

遅刻するかギリギリの場合は、余裕を持って早めに連絡することをオススメします。

連絡せずに定時1分前に到着するより、連絡して定時に間に合ったほうが、印象は良いです。

 

うむらうと
うむらうと
「就業先に連絡をせずに遅刻」というケースは絶対に避けましょう。最悪の印象です。

派遣会社にも連絡をする

就業先に連絡をした後は、派遣会社にも連絡を入れてください。

就業先と同じく、遅刻する旨と到着時間を伝えるようにしましょう。

 

派遣会社に連絡しなくてもOKと考える人もいるかもしれませんが、危ない考えです。

派遣会社はあなたを「きちんと報告連絡が出来ない人」だと考え、信用を落としてしまいます。

 

結果として遅刻以外のトラブルが起こった際に、サポートを受けられず、契約解除に至るリスクすらあります。

 

うむらうと
うむらうと
つい忘れがちですが、派遣会社にも遅刻の連絡を行うようにしましょう。

会社に到着したら素直に謝る

会社に到着したら、担当社員に遅刻したことを謝罪しましょう。

どんな理由であっても、素直の態度で謝ることが大切です。

 

うむらうと
うむらうと
遅刻のミスは取り返せないので、その分普段の仕事でしっかりアピールしましょう。

派遣社員の遅刻で言い訳しやすい理由

遅刻する理由は様々ですが、理由によって印象は大きく異なります。

そこで実践的に活かせそうな、派遣社員の遅刻の言い訳を紹介します。

「体調不良」がベストな言い訳

結論から言えば、体調不良がベストな言い訳です。

ただし繰り返し使うと疑われてしまうので、「最初の1回だけ」と心に留めてください。

 

「腹痛」は突発的な体調不良として、オススメの理由です。

「発熱」だと会社によっては休むように言われてしまい、出勤できなくなってしまいます。

 

うむらうと
うむらうと
「体調不良」は30分〜1時間くらいの遅刻であれば、十分に対応可能な言い訳です。

数分の遅れなら「交通機関の遅延」

始業時間ギリギリに間に合うかどうか、の数分の遅れなら「交通機関の遅延」が便利です。

 

数分レベルの遅延では、交通機関はわざわざアナウンスを出さないので、証拠を求められることもありません。

 

ただし「数分レベルの遅延なら余裕を持って行動しろ」と思われる可能性もあります。

やはり最初の1回限りしか使えないと覚えておきましょう。

 

うむらうと
うむらうと
「交通機関の遅延」も十分に使える言い訳です。

「寝坊」は最終手段として残しておこう

「寝坊」は言い訳の最終手段として残しておくべきです。

朝起きた時点で始業時間を過ぎていた場合、正直に遅刻の理由を伝えましょう。

 

「始業時間までに遅刻の連絡ができない」は印象として最悪ですし、言い訳のしようがありません。

 

うむらうと
うむらうと
寝坊の場合は正直に連絡して怒られるしかありません。

派遣社員の僕が遅刻したときの話

参考までに、派遣社員の僕が遅刻した時の話を書いておきます。

 

僕は1度だけオフィスに15分ほど遅刻したことがあります。交通機関の遅延が理由です。

先程書いたとおり、まずは就業先に連絡し、その後派遣会社に連絡しました。

 

交通機関の遅延が本当の理由だったので、言い訳はせず正直に伝えました。

 

外資系の会社の影響か、そこまで咎められることもなく、その日の業務を進められました。

 

うむらうと
うむらうと
やはり始業時間までに、就業先と派遣会社に連絡をすることが大切です。

派遣社員が遅刻した時の給料・休憩時間は?

派遣会社が遅刻した時は、遅刻した時間に応じて給料が差し引かれます。

職場によって5〜15分単位の打刻になるので、その分が減額されます。

 

休憩時間は労働基準法に定めた分だけ与えられます。

使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては少くとも四十五分、八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。(労働基準法第34条)

 

つまり6時間以上なら45分、8時間以上なら1時間という計算になります。

派遣社員が遅刻したらクビになるのか

派遣社員が遅刻したらクビになるかと言えば、決してそんなことはありません。

遅刻のようなミスは誰にでもありますし、1度のミスでクビになることは無いです。

 

ただし頻繁に遅刻を繰り返すようであれば、契約解除を言い渡される可能性があります。

 

また普段の勤務態度も評価の分かれ目になります。

いつも熱心に仕事に取り組んでいる人なら、1度のミスで信頼が揺らぐことはありません。

 

しかし普段からサボり気味の人が遅刻すれば「やっぱりな」と思われてしまいます。

派遣社員の遅刻は印象が悪いので注意しよう

派遣会社が遅刻した時の対処法を紹介しました。

 

「始業時間前に就業先と派遣会社に遅刻の連絡をする」と覚えておきましょう。

寝坊したら言い訳せずに、素直に謝るしかありません。

 

ちなみに派遣社員の遅刻はどうしても印象が悪くなってしまいます。

派遣社員の評価は仕事ぶりはもちろんですが、出勤状況が大きく影響します。

 

派遣会社から見ると、遅刻が多い人材はリスクでしかありません。

評価が低くなってしまうと、派遣会社から一方的に契約解除されてしまいます。

 

うむらうと
うむらうと
当記事を参考に、派遣で遅刻した時の状況を上手く切り抜けてください!

 

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
好奇心旺盛かつビビりな25歳【経歴】慶應義塾大学文学部卒→Web広告代理店(ASP)に新卒入社→適応障害を発症し10ヶ月で退職→1年間のニート生活→本業:ITオフィスワーク(派遣社員)×副業:ブロガー&Webライター 「会社を辞めたい人」「思い切って会社を辞めた人」が一歩踏み出せるような情報発信をしています!
RELATED POST