仕事

第二新卒から派遣社員として働く5つのデメリットを紹介します!

第二新卒から派遣社員として働く5つのデメリットを紹介します!

  • 第二新卒から派遣社員として働くデメリットが知りたい
  • 第二新卒で、正社員か派遣社員のどちらで働くか悩んでいる

本記事で分かること

  • 第二新卒から派遣社員として働くデメリットが分かる
  • 派遣社員か正社員で、どちらの働き方が合っているか分かる

僕は慶應義塾大学を卒業後、Web広告代理店に入社しました。

しかし過度な残業が原因で「適応障害」と診断をうけ退職。

現在は派遣社員として働いています。

第二新卒から派遣社員として働く5つのデメリット

①将来への見通しが立たない

2015年に行われた派遣法の改正によって、派遣社員の受け入れ上限を3年とするルールが制定されました。

つまり派遣社員として3年以上同じ職場で働くことは法律上不可能だということです。

正社員として雇用してもらえる可能性もゼロではありませんが、ほぼ期待することは出来ません。

また3年毎に仕事を変えると「ジョブホッパー」という印象を持たれてしまい、「長続きしない」「根性が無い」というレッテルを貼られる可能性もあります。

派遣社員として働いた後にどんなキャリアを歩みたいか?まで考えた上で就業することで、将来への不安を少しでも解消したいですね。

②スキルとして認めてもらえない

派遣社員は、契約時に取り交わされた内容に沿って、業務を遂行します。

そのため、業務の幅が割と狭く、ルーチンワークに終始することになります。

また就業先の企業とは別会社の人間なので、大きな裁量を任せてもらえたり、意思決定が出来る機会はまず無いと考えてください。

正社員を目指して転職活動をしても、「大きな裁量で仕事をしていない」、「正社員になれなかった人材」という評価を下されることも珍しくありません。

もし派遣社員として働くなら、「就業先でどんなスキルが身に付くか?」「将来やりたい仕事に繋がる職業か?」は念頭に置いておくべきです。

③周りと比較して引け目を感じる

現在は売り手市場の影響もあり、大学を卒業したら正社員として就職するのが一般的です。

就活でしくじらなければ、20代の大半は正社員として働いているでしょう。

冒頭でも書いた通り、僕は慶應義塾大学を卒業しました。

周りには総合商社、メガバンク、大手メーカーなど一流企業の正社員として活躍している人たちがごまんといます。

正直に言えばやはり周りと比べると引け目を感じてしまいます。

余程仲が良い人を除いて、顔を合わせたくないと感じるのが正直なところです。

④交通費・賞与が支給されない

派遣社員は交通費・賞与が支給されません。

ただし派遣会社や求人によっては交通費が一部支給されるケースもあります。

僕の場合はは電車代は派遣会社による全額負担で、バス代は自己負担です。月6,000円を自腹で支払っています。

周りの20代の友人が賞与の支給で浮かれている一方で、賞与を1円も貰えないのはなかなか世知辛いです…。

⑤収入が不安定

正社員や契約社員は月給制なので、安定した収入が保証されます。

一方で派遣社員は働いた時間に応じて給与が支給されます。

そのため、大型連休や年末年始など祝日が多い日は収入が減ってしまいます。

ちなみに僕は空いた時間で副業をやって、少しでも挽回(?)しています。

20代で色々とお金を使いたい時期に、収入が不安定なのは手痛いですよね。

祝日が多い月は、収支の計算をして予め備えておくことが必要です。


第二新卒から派遣社員は明確な目的があればオススメ

20代で派遣社員として働くデメリットについて書いてみました。

もしあなたが20代で、正社員としてそれなりに満足している仕事に就いているなら、そのまま仕事を続けることをオススメします。

正社員の方が収入も立場も高く、断然安定しているからです。

一方で

  • 現在フリーターとして働いていて、もう少し時給の高い仕事に就きたい
  • 転職活動が上手くいかず、心身ともに疲れてしまった
  • 将来やりたい仕事が明確で、派遣社員を経て経験を積みたい

上記のように、現状の就業状況が思わしくない、あるいは将来へのビジョンが明確なケースも考えられますね。

その場合は最終手段として、20代を派遣社員として過ごすのも十分検討しうる選択肢になります。

ただし30代に入って明確なビジョンも無く、派遣社員の就業歴しか無いとなれば、世間が向ける目は途端に厳しいものになります。

それでも僕は何だかんだ20代を派遣社員として働くことに満足しています。

定時帰宅で給料自体はそんなに悪くなく、かつ人間関係がドライなので、副業に専念できるからです。

20代で派遣社員として働くメリット、デメリットを踏まえた上で、派遣社員としての就業を検討してみてください!

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!