ライフハック

一人っ子に生まれて最高だと感じる話【体験談】

一人っ子に生まれて最高だと感じる話【体験談】

突然ですが、一人っ子って最高ですよね。

 

当記事を読んでいる方は、「一人っ子って最高」と思っているんじゃないでしょうか。

 

とはいえ一人っ子はよく「兄弟が欲しかった…」的なことを言いがちです。

 

しかし僕から言わせれば、むしろ「一人っ子最高!」と思うわけです。

 

例えば僕は、幼少期に誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントを両親&祖父母から貰っていました。

 

つまり4つもプレゼントが貰えるわけです。加えて、お年玉もたくさん貰えます。

 

このように一人っ子として育った僕は、物質的な豊かさを享受することが出来ました

 

また、高校は私立で予備校に通いながら、大学も私立という金のかかる学歴でした。

 

これも一人っ子だからこそ歩めた道ではないでしょうか。(家庭の経済力にもよりますが)

一人っ子のメリット

一人っ子の僕が感じる、一人っ子のメリットを挙げてみました。

お金と愛情を独り占めできる

一人っ子だとお金をかけてもらえるのは、大きなメリットです。

 

兄弟がいれば、その分一人あたりの予算が分割されちゃいます。

 

一方で一人っ子の場合は、教育費の全予算を自分に注いでもらえるわけです。

 

小学席の時、一人っ子の友達はやはり裕福そうというか、物に困っている感じはしませんでした。

 

うむらうと
うむらうと
お金と愛情を独り占めできるのが、一人っ子の1番のメリットだと感じています。

面倒な存在を抱えなくて済む

やや語弊はありますが、兄弟がいることが必ずしも良いことではありません。

 

喧嘩するほど仲が良い」という言葉もありますが、深刻な不仲になれば、修復も難しくなります

 

実際僕の友達で、姉弟の関係で不仲になり、ここ数年を取ってないという話も聞きます。

 

不謹慎な話ですが、兄弟が凶悪犯罪を犯して、家族ともども離散というニュースもちらほら耳にします。

 

一人っ子だと兄弟絡みのトラブル・ストレスを一切抱えなくて良いのがメリットです。


一人っ子のデメリット

一人っ子によるデメリットも、いくつか挙げられます。

競争心が芽生えづらい

一人っ子だと、周りの反応や取り組んでいることに、関心を持ちづらくなります。

 

僕の場合は「自分が興味があることであれば、他者にも反応する。

 

だけど興味がないものは全く興味がない」みたいな感じです。

 

努力や目標を自分ベースで打ち立てるので、「周りと競って頑張ろう!」とはなりません。

 

ハングリー精神が無い」や「気持ちが切れやすい」も一人っ子のデメリットとして、言い換えられますね。

「一人っ子」だという先入観を持たれる

「一人っ子」は、他の兄弟構成と比べると、割と個性が出がちですね。

 

「無難に振る舞える」立ち位置からは、最も程遠いのではないかと思います。

 

一人っ子らしい行動が出て、それがマイナスなものだと「あいつは一人っ子だからな…

 

みたいな印象を抱かれやすいのは否めません。

 

1度植え付けられた印象を覆すのは、なかなか大変です。

一人っ子はやっぱり最高でしかない

こうして振り返ってみると、やはり一人っ子は最高ですね。

 

もちろんメリット・デメリットの双方ありますが、メリットの方が圧倒的に大きかったと感じます。

 

うむらうと
うむらうと
今後、一人っ子と出会う機会があれば「一人っ子で良かった?」と聞いてみると、話が弾むかもしれません。

 

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
好奇心旺盛かつビビりな25歳【経歴】慶應義塾大学文学部卒→Web広告代理店(ASP)に新卒入社→適応障害を発症し10ヶ月で退職→1年間のニート生活→本業:ITオフィスワーク(派遣社員)×副業:ブロガー&Webライター 「会社を辞めたい人」「思い切って会社を辞めた人」が一歩踏み出せるような情報発信をしています!
RELATED POST