ライフハック

日本が良い国だと感じられる6つの点を書いてみた

日本が良い国だと感じられる6つの点を書いてみた

突然ですが、当記事を開いたあなたに質問です。

 

日本って良い国だと思いますか?

 

昨今では不景気や失政によって、日本をディスる意見をSNS上でよく見かけます。

一方で「今こそ強い日本を!」という日本を良い国だと感じている層の意見も目にします。

 

僕は2019年に東南アジアを3週間かけて旅行しました。

 

知らない街を散策したり、入国審査で置いてけぼりになったりと、なかなか楽しい旅行でした。

 

「日本ってマジで暮らしやすい街ですわ…!」と感動し、日本って良い国なんだなと再認識しました。

ただ旅行していて「日本ももっとこうなれば良いのに…」と考えさせられた点があったのも事実です。

 

当記事では日本の良い国だと感じる点、そして悪い点をまとめてみました。

 

①トイレがめっちゃキレイ

日本のトイレはマジできれいです。

日本に生まれて良かったと本気で思えるくらいきれいです。

 

東南アジアのトイレは基本汚いです。

ハエがたかってる、石鹸がない、臭いがきつい、和式しかない…。

 

日本だと老朽化が施設を除けば大体キレイなので、安心してトイレを済ませることが出来ます。

 

ウォシュレットがあるのも素晴らしいですね。

 

僕が東南アジアに行ったときは、ウォシュレットを全く見かけませんでした。

プノンペン最大のショッピングセンター・イオンモールですら個室の床が水浸しになっていたり、紙が無かったりと散々でした。

 

ちなみに自宅のトイレは築40年で換気扇が無く小窓があるだけですが、それでも帰国直後は「なんて清潔なんだ!」と喜びに浸っていました(笑)。

②インフラが整備されている

インフラが整備されているのも日本の強みと言えます。

 

道路は舗装されていて、水道水は飲めて、街並みも整っていて、交通機関は時刻通り出発…。

ストレスを感じることはほとんどありません。

 

カンボジアに行ったときは、あまりのインフラ面の落差に愕然としました。

 

カンボジアに行ったとき道の至る所にゴミが散乱していて、臭いがあり得ないほど臭くて衝撃を受けました。

トゥクトゥク乗りながら思わず吐きそうになったほどです。

 

なんせ渋谷の1000倍臭かった…。

たまに渋谷にいると臭いと感じるかもしれませんが、あんなもんじゃないです。

 

※なんかカンボジアをディスってばかりですが、僕はカンボジア大好きです。

③サービスの質が高い

僕が東南アジアの食堂に行った時、サービス面で不満を抱くようなことはありませんでした。

 

ただし日本に比べると、オペレーションの質は正直高くなかったです。

 

むしろ僕はやる気無さそうに接客してる女の子を眺めるのが大好きですが…(笑)。

コンビニに行って顔も上げずにやる気無さそうに袋詰めしてる女の子は最高でした。

 

話を戻すと、結局のところ値段次第でサービスの質って変わるんですよね。

日本は店員さんが基本丁寧なのであまり気付かないんですが、良いサービス受けたければ高い金払えってことです。

 

日本で言えば、サイゼリヤのような価格帯安めのファミレスでも、海外に比べるとサービスの質はとても高いと言えます。

 

ボタンを押せば店員がきちんと来る、料理の提供スピードが速い、食器が清潔で割れていない、水がきちんと飲める、生野菜食べても腹壊さない…。

 

低価格帯のファミリーレストランでも、きめ細やかで無駄のないオペレーションを提供できるのは日本の誇るべき点ですね。

④社会保障が手厚い

僕は会社を辞めた後に失業手当を申請し、50万円近くを受け取ることが出来ました。

 

更に役所に税金関連の減免申請をしたところ、国民年金は全額免除になりました。

 

初めて日本の社会保障に感謝した瞬間です。

 

あと僕は喘息持ちなのですが、川崎市民は喘息に関連する診療を1割負担で受けることが出来ます。

 

余談ですが、失業手当と競馬の勝ち分で、東南アジアとドイツに行って思いっきりリフレッシュできたのは良い思い出です!

⑤飯の種類が豊富で安い

日本って飯の種類が豊富ですよね。しかも安い!

 

和食→そば、うどん、牛丼 洋→ハンバーガー 中華→バーミヤン、日高屋、街の中華食堂

 

みたいな感じですかね。駅前には何かしらあるんで困ることもありません。

 

肝心の東南アジア系の飯は、日本だと値段はやや高めに設定されているのが残念です。

⑥海外の企業が日本にたくさん進出している

さっきの飯の話にも通じますが、日本には海外の企業がたくさん進出しています。

 

例えばファストフードやファミレスは一通り参入しています

マック、バーガーキング、ピザハット、ケンタッキー、デニーズなど挙げたらキリがない…。

 

アパレルブランドもたくさんありますね。銀座なんか行けば高級ブランドが立ち並んでいます。

 

消費者からすれば、選択肢が多いのはありがたい限りです。

日本が良い国ではないと感じる点も書いてみた

英語があまり通じない

残念ながら日本では英語があまり通じないです。

 

そもそも英語を話すことに尻込みしたり、ビビってしまっている人たちが多いような気がします。

 

そもそも使う機会が無いってのも大きいですね。

 

英語話せなくても生きていけるなら、英語が好きじゃない限り熱心に勉強なんかしないですよね。

みんな同じじゃないと動けない

今年の10連休なんか良い例ですね。

 

正直なことを言えば、10連休で混雑が予測できるにも関わらず、高速道路で渋滞して、バカ高い金払って旅行するって何が楽しいんでしょうか。

 

他の時期に休み取れば良いじゃん!って思ってても、思うように有休も取れないから国民の休暇期間が一斉に固まってしまうという悪循環ですね。


【結論】日本は何だかんだ良い国だと思う

僕の日本に対する評価は

「生活するにはめっちゃ快適だけど、仕事するとなるとマジきついな日本…」

 

手取りで20万円/月の収入があり、独身で実家なら、余程の浪費癖が無い限り快適に暮らせるのが日本という国です。

その20万円/月を得られる人が減ってきているのが今の日本でもあるのですが…。

 

インフラや社会保障は手厚いので、暮らしやすさはかなり高い国だと思います。

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!