仕事

「会社を辞めたら終わりだ…」→それ、新社会人特有の幻想だよ?

「会社を辞めたら終わりだ…」→それ、新社会人特有の幻想だよ?

  • 「会社を辞めたら終わり」と考えている新社会人
  • 会社を辞めたいけど、辞めた後の生活が不安
  • 仕事で心身ともに限界まで追い詰められている

当記事で分かること

  • 会社を辞めたら負け」が幻想であることが分かる
  • 会社を辞めた後の不安点と、その対処法が理解できる

会社を辞めたら終わり」だと、僕はかつて考えていました。

その考えを引きづったまま働き続けた結果、入社5ヶ月で適応障害と診断され、結局10ヶ月で会社を退職します。

キャリア的にはズタボロになってしまったのは事実です。

それでも今思えば「会社を辞めたら終わり」なんて、ただの幻想にすぎなかったとつくづく感じます。

「会社を辞めたら終わり」は新社会人が抱く幻想

当記事に「会社 辞めたら終わり」と検索して、たどり着いた方もいるかもしれません。

僕の経験から言えば、会社を辞めたら終わりという人は「背負っている人」ですね。

例えば下記のような人たちです。

  • 家を購入し、住宅ローンが25年も残っている
  • 2人の子供と妻を養わなければならない
  • 数百万円の借金を抱えている
  • スキルが乏しく、再就職が極めて厳しい中高年

一方で「背負ってない人」は「会社を辞めたら終わり」では全くありません。

具体的に言えば新社会人若手社員が挙げられますね。

まだ社会に出たばかりで、責任を負う程度もまだまだ低いです。

にもかかわらず新社会人ほど「会社を辞めたら負け」という幻想に捉われている気がします。

僕が思うに、「会社を辞めたら終わり」というのは、今まで積み上げてきた人生の努力・実績が崩れてしまう…という強迫観念ではないでしょうか。

特に大学を卒業したばかりの新社会人は、会社を辞めたら終わり」という考えに捉われすぎているように思えます。

なぜなら大学まではレールに乗るのが当たり前の人生だったからです。

例えば学校は留年や休学を除けば、周りと同じような生活を送り、進路選択でもおおよそ選択肢が絞られます。

ところが社会に出ると、レールも敷かれておらず、競争社会の中で、不安定な日々を送ることになります。

そこで自分の無力さを味わうと、今の自分に不安を覚え、自信を無くしてしまいます。

そして会社を辞めたい」という気持ちと「いやでも会社を辞めたら人生終わっちまう…」という狭間で苦悩することになります。

タカちゃん
タカちゃん
ハッキリ言って、新社会人で自分の天職を見つけて、仕事に即適応できるようになる人なんてごく一握りだよ。

なので仕事が合わないと感じて、会社を辞めたいと思うなら、早い段階で仕事を辞めてしまっても良いと思いますよ。

無理して仕事を続けたら僕のように心身を病み、意欲的にスキルを身に付ける態度とは程遠く、時間を無駄にするだけです。

あなたが力を発揮できる場所に移ってしまえば、会社を辞めることは別に怖いことではないのです。

繰り返しですが、「会社を辞めたら負け」は新社会人・若手社員が抱きがちな幻想です。


会社を辞めた後の3つの不安点とその対処法

会社を辞めようと決心しても、様々な不安がつきまとうのも事実です。

会社を辞めることで想定しうる不安要素と対処法を下記にまとめました。

収入が無くなる

お金の問題は正直避けて通ることは出来ません。

真っ先に行いたいのは失業手当の受給です。

失業手当は1年以上社会保険に加入していないと貰えません。

しかしある裏技を使えば、半年以上の加入期間でも失業手当を貰うことが出来ます。

下記の記事にて手順をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

次の仕事が見つかるか不安

お金の問題と同じように、仕事選びも切実な問題です。

結論から言えば、あなたが第二新卒(社会人3年未満)なら転職エージェントを活用しましょう。

第二新卒特化型のエージェントは、第二新卒特有の強み・弱み・豊富な求人数など、無料であなたをサポートしてくれます。

下記にて第二新卒向けのオススメ転職エージェント僕の第二新卒の転職活動記を紹介しています。

会社に退職を言い出せない

もう会社を辞めたいけど、なかなか退職を言い出せない…。

最終手段ではありますが、退職代行業者に依頼する手があります。

退職代行サービスでは、あなたの代わって退職代行業者が退職の意思を伝えてくれます。

実は僕は退職代行業者に依頼して、新卒で入社した会社を10ヶ月で退職しました。

使うまでは内心ビクビクでしたが、結局トラブルも無く拍子抜けするほど簡単でした。

退職代行は即日で嫌な仕事とオサラバし、あなたに新たな人生のチケットをもたらしてくれます。

会社は辞めたら「終わり」ではなく「自由への始まり」

会社を辞める」ことは、大人になってから、純粋に自分の決心だけで選択を行う、数少ない出来事の1つです。

当然勇気のいる行為です。ネガティブなイメージも付きまといます。

決められたレールに乗って人生を送ってきた新社会人・若手社員には、重くのしかかるのも当然と言えます。

しかし会社を辞めることで、あなたにも大きなきっかけ・メリットが生まれるのも事実です。

僕は会社を辞めてから海外6ヵ国を廻り、将来はノマドワーカーとして海外で生活する夢が出来ました。

副業として始めた当ブログからは月1万円程度の収入が発生しています。

会社を辞めることの転機は人によって様々ですが、ネガティブな要素以上に、ポジティブな要素も間違いなく存在しますよ!

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!