ライフハック

高校で帰宅部に入ったら人生が180度変わった話【メリット・デメリットも紹介】

高校で帰宅部に入ったら人生が180度変わった話

「高校に入学したけど帰宅部に入ろうか迷うなあ〜、でも帰宅部に入ったら後悔しそう…。

既に帰宅部に入ったは良いけど、やる事が無さすぎて毎日暇だ〜。

実際に帰宅部だった人の体験談や、帰宅部のメリット・デメリットを知りたい!」

こういった疑問に応えていきます。

当記事で分かること

  • 高校で帰宅部だった僕のエピソード
  • 高校で帰宅部に入るメリット・デメリット

僕は高校生の時、帰宅部として学生生活を過ごしていました。

中学校ではバスケ部に所属し、週6で練習に励んでいました。

 

バスケ部と帰宅部という、ある意味「真逆」の部活で各々3年間を過ごしていました。

割と珍しいパターンじゃないでしょうか。

 

現在は社会人として、ブログを書きながら、ボチボチ生きています。

 

結論から言えば、僕は高校生活を帰宅部として過ごして、本当に良かったと思っています。

消去法で帰宅部に入部

高校生になった僕は、早速どの部活に入ろうか悩むことになります。

※偏差値60程度で、都内にある日本大学の附属高校です。

 

冒頭にも書きましたが、僕は中学生の時、バスケ部に所属していました

しかし膝の怪我と時間のゆとりを求めていたので、バスケへの熱意は完全にゼロ。

 

興味津々と学校案内のパンフレットを見た僕は、思わず愕然とします。

うむらうと
うむらうと
入りたい部活が全く無い…。

 

入りたいと思える部活が、これっぽっちもありませんでした

割と堅い校風の高校だったため、適度にゆるそうな部活が無かったのです。

 

唯一仮入部した射撃部も、僕にとって退屈でしかありませんでした。

軽音楽部があればベストだったのですが、存在しなかったので断念することに。

 

結局、同じクラスで仲良くなった友達が帰宅部に入った影響もあり、僕も消去法で帰宅部に入ることにしました

暇すぎて絶望の日々…

いざ帰宅部に入ったものの、僕は路頭に迷ってしまいます

 

中学では週6で部活があり、火曜日以外はひたすらバスケ漬けの日々…

授業が終われば部活に行くのが当たり前の毎日を送っていました。

 

しかし高校では授業が終われば、帰宅する以外の選択肢はありません

土日も予定が無いので、何もやる事が無くなってしまいます。

 

大多数は部活に参加し、帰宅部の友達とも毎日遊ぶわけではないので、暇を持て余していました。

学校から最寄駅までのタイムアタック、ニコ動鑑賞、テレビを見てボケーっと過ごす、mixiを眺める…。

 

中学のバスケ部時代とのギャップが大きすぎて、当時は鬱になりかけていました

好きな子にフラれて勉強に目覚める

そんなこんなで帰宅部に入った僕にも、クラスに好きな人がいました。

 

結論から言えば、思いっ切りフラれました

当時はマジで悔しくて絶望的な気分でブルーでした。

 

フラれた事をきっかけに吹っ切れた僕は、負のエネルギーを勉強に注ぐ事を決意します

とはいえ高校生活で最初の定期テストではクラスで下から4番目の成績…(40/43位)

 

理系科目は苦手なので、私大文系トップの大学を目指そうと思い、慶應義塾大学を志望校としました

当時の成績から言えば無謀でしたが、なぜかイケる気がしたのを今でもよく覚えています

 

高1の夏休みは1日6時間くらい勉強していました

帰宅部だと夏休みの予定が無いので、勉強に時間を割けるのがめちゃくちゃプラスに働きました。

 

高校1年生が終わる頃には、帰宅部に入って正解だと思えるようになりました

ついに覚醒し、学年トップへ

こうして僕の帰宅部生活は、ほぼほぼ受験勉強に費やされることになります。

高2の夏には予備校に入り、自宅-学校-予備校を行き来していました。

 

正直高2と高3は気の合う人が全くいなかったので、友達もほぼゼロでした。

周りのクラスメイトから見たら奇特な存在に映った事でしょう。

でもそんな事はお構いなしで、ひたすら受験勉強に打ち込んでいました。

 

そして高3になり、校内模試で英語と日本史で学年1位を獲得します。

この時の僕は、完全に勉強人間へと化していました

志望校の慶應義塾大学に合格

そして忘れもしない合格発表日

 

PCに受験番号を打ち込むと「合格」の2文字が目に飛び込んできました。

今振り返っても、我ながらよく頑張ったと自画自賛したくなるほどです

慶應義塾大学への進学者は5年ぶりだったらしく、先生も驚いていました。

 

うむらうと
うむらうと
帰宅部で全てを勉強に捧げたからこそ、人生が180度変わるくらいインパクトのある瞬間を成し遂げられたのだと思います。

高校で帰宅部に入るメリット

僕の高校生時代の帰宅部のエピソードを紹介しました。

もう少し客観的に、高校で帰宅部に入るメリットを考えてみます。

学校が終われば、何をしてもOK

帰宅部では、学校が終われば何をしてもOKです。

 

部活に入ると、自由が効かず、生活リズムが自ずと固定化されてしまいますね。

授業→部活→帰宅して疲れて何も出来ず…

部活独自のルールや、厳しい上下関係など、制約も大きいです。

 

ハードな部活に入れば、部活の為に高校生活を捧げる覚悟が求められます。

心から熱中できる部活なら良いですが、何となく入った部活だと、学生生活がただただ苦痛になってしまいます。

 

一方で帰宅部だと、毎日のライフスタイルを柔軟に選べます

面倒なしがらみも一切ありません。

 

うむらうと
うむらうと
僕は「友達とカラオケ&ゲーセン」「家に帰って寝る」「ネットサーフィンする」など、息抜きしながら受験勉強に励んでいました。

趣味に時間を費やす事ができる

帰宅部に入ると、学校以外の全ての時間を好きなことに費やせます

 

17時に帰宅し、23時に寝るとして、平日は1日6時間を自由に使えます

土日は睡眠時間以外は完全にフリーですね。

1ヶ月で200時間以上の自由時間が確保できる計算です。

 

興味がある趣味に取り組むには、帰宅部は最高の環境でしょう。

 

うむらうと
うむらうと
「部活に入るのが当然」という先入観のせいで、興味の無い部活に入るなら、興味の持てそうな趣味に時間を費やした方が10000倍有意義です。

精神的なプレッシャーが無い

帰宅部は精神的なプレッシャーが無いのも魅力です。

 

部活に入っていると、人間関係やなかなか上達しないなど、辛いと感じる場面が多くてしんどい思いをします。

 

そこから得られる経験も大きいのですが、心身ともに消耗し切ってしまい、学校生活が苦痛の連続になる可能性もあります。

 

帰宅部だと精神的なプレッシャーが無いので、ストレスを感じずにゆるく学生生活を送れます。


高校で帰宅部に入るデメリット

高校で帰宅部に入るデメリットについても考えてみます。

「青春」とは無縁の生活

帰宅部は「青春」とは無縁。これが帰宅部の1番のデメリットです。

 

アニメやドラマを見ていると、高校生の青春ストーリーって「部活」が舞台になっていますよね。

帰宅部が舞台のストーリーっていかにも味気無さそうで、つまらなさそうです。

 

仲間と共に1つの目標に向かって努力する」「好きなあの子と一緒に帰る」シチュエーションは帰宅部には幻想でしかありません。

友達を作りづらい

帰宅部は友達が作りづらいのがネックです。

 

帰宅部はいわば「無所属」なので、クラス以外での接点が乏しくなってしまいます。

部活で培われた友情と比べれば、仲の深まり具合はどうしても薄くなります。

中には帰宅部と聞くだけで「変わった奴」扱いする人も存在します。

 

ちなみに帰宅部同士での繋がりは、自ずと強くなるので安心してください。

僕は今でも帰宅部だった友人と連絡を取り合っています

面接で不利になる

一概には言えませんが、帰宅部は大学入試の面接で若干不利かなと思います。

 

AO入試や指定校推薦では「人柄」を見られるため、帰宅部というのは消極的に見られてしまう可能性があります。

 

部活を必死に頑張ってきた学生と、帰宅部で頑張った証が見られない学生なら、前者の方がアピールポイントは大きいです。

 

学力試験で大学進学を考えているなら、あまり気にしなくても良いデメリットですね。

まとめ:高校で帰宅部に入るのは目的次第

高校で帰宅部に入るか否かは、目的次第だと思います

入りたい部活があれば、まずはそこに入れば良いと思います。

 

1番避けたいのは、何の目的も無く帰宅部に入ることです。

 

部活だるいし、帰宅部で良いか〜!」くらいのノリだと、恐らく1ヶ月もしないうちに飽きます。

クラスメイトは部活に参加していて、放課後もすることがなく絶望…。という高校生活にもなりかねません。

 

実際、僕はこのパターンに陥りかけました。

 

一方で「趣味に打ち込みたい」「勉強の時間を確保したい」という理由があれば、帰宅部はむしろ最高の環境だと思います。

 

うむらうと
うむらうと
当記事が帰宅部に入るか悩んでいる高校生の参考になれば、とても嬉しいです!
ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!