ライフハック

【2019年版】オススメのビジネス書を慶応文学部卒の僕が紹介します!

【2019年版】オススメのビジネス書を慶応文学部卒の僕が紹介します!

  • オススメのビジネス書を知りたい
  • 慶応大学文学部卒の人間がオススメするビジネス書に興味がある
  • ブロガーなどの個人事業主

今回はビジネス書を取り上げてみました。

ビジネス書は当然ビジネスパーソンに向けて書かれています。

しかし僕のようなブロガーでも、ブログを収益化し育てていく上で、書物の内容が役に立つ瞬間が数多くあります。

当記事で紹介する本は、僕が全て実際に読んだ上でレビューを書いています。

【2019年版】オススメのビジネス書7選

イシューからはじめよ 安宅和人

★ロジカルシンキング・問題解決の決定版!
★AI×データ時代の必携書。支持され続けて20万部突破!

やるべきことは、100分の1になる!

コンサルタント、研究者、マーケター、プランナー……生み出す変化で稼ぐ、プロフェッショナルのための思考術。

「脳科学×マッキンゼー×ヤフー」トリプルキャリアが生み出した究極の問題設定&解決法

いかにして知的生産性を上げるか」に焦点を当てた本です。

世間では「生産性を高めて労働の付加価値を上げるべきだ」という主張をよく耳にします。

しかし上記を実現するために何をすべきか、各々のタスクに落とし込めている人は正直あまり多くないと思います。

本書では「イシュー」をベースに〈圧倒的に生産性の高い人〉に共通する問題設定&解決法を余すことなく解説しています。

自らの仕事の質を上げたい、より優れた人材になりたい全てのビジネスパーソンにオススメです。

道は開ける D・カーネギー

邦訳300万部突破の世界的ベストセラー。悩みを克服するための方法が具体的で説得力豊かに綴られた不朽の名著。

『人を動かす』と並ぶカーネギーの二大名著。

人が生きていく上で誰もが直面する「悩み」の原因を客観的に自己分析し、心の持ちようや習慣を改め、心身の疲れを取り除く等の方法で具体的かつ実践的に解き明かす。

苦悩するすべての人を心の闇から救いだし、行動と自己変革への勇気を与え、
新しい人生を切り開くための座右の書。

1944年の初版刊行以来、時代に合わなくなった部分を修正するなど、
折々に改訂が施されてきた現行の公式版。

名前くらいは聞いたことのある世界的ベストセラー。

古今東西人間が抱えるあらゆる悩みを、具体的な事例と共に紹介し、明確かつシンプルな語り口で解決に導きます。

僕は就活生の時に本書を買いました。当時は人生の進路に悩み、思うように内定も出ず、精神的に相当迷っていた時期でした。

本書では、淡々と冷静に、でも明確に自らが取るべき方針を提示してくれます。

流石ベストセラーと言われるだけの内容なので、未読の人は是非1度読んでみてほしいです。

金持ち父さん貧乏父さん ロバート キヨサキ

お金の力を正しく知って、思い通りの人生を手に入れよう。

変化の時代のサバイバルツールとして世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー、待望の改訂版。

□最初に読むべき「お金」の基本図書
毎年多くの「お金」に関する本が出版され,書店に並び、そして消えていきます。

そんな状況の中で、「金持ち父さんシリーズ」は刊行から13年経った今でも変わらず多くの支持を得ています。

その第1作目である『金持ち父さん 貧乏父さん』は、時代が変わっても古びない原理原則を示す「お金」の基本図書。

「目からウロコの連続でした! 」という声が絶えず寄せられ、これまで数多の人々の「お金観」を変えてきました。

現在は日本やアメリカのみならず51ヶ国語に翻訳され、109ヶ国で読まれています。

金融リテラシー」をストーリー形式で学べる内容になっています。

本書を初めて読んだ時は思わず衝撃を受けました。

総じて金融リテラシーが低く、就社意識が非常に高い「御恩と奉公」の関係性に基づいた、一般的な日本人サラリーマンにとっては目から鱗の内容に満ち溢れています。

実際僕も本書を読んでから、自らの「資産となる収入」を増やすためにブログを始めました。

日本は今後ますます不景気を迎えることになりますが、自ずと本書に書かれた内容は、真実味を帯びてくることと思います。

  • 企業に勤めるのは当たり前
  • お金は会社から貰うもの
  • 副業なんて自分には縁がない
  • 投資は危ないし胡散臭い
  • お金稼ぎは卑しい

上記に1つでも当てはまる人は、ぜひ読んでみてください。

ちなみにAmazonでベストセラーで1位です。

本書の考え方に触れるだけでも、あなたの人生は一気に好転するかもしれません。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう マーカス バッキンガム

成功を収めたすべての人に共通するのは、自分の才能とその活かし方を知っていること。

それがわかれば、欠点さえ強みになる。さあ、あなたの眠れる強みは何か。

自分の強みがわかるウェブサイト「ストレングスファインダー」へのアクセスID付き。

「ぜひ、隠れた能力を見つけて、わくわくしてください」

~“学習欲”と“着想”が強みの勝間和代氏推薦!

あなたが持つ強みを「性格診断」を通して、34の資質の中から提示してくれます。

膨大なデータに基づいた診断結果なので、信ぴょう性は非常に高いです。

ちなみに中古で買うと性格診断が受けられません

必ず新品で買うようにしましょう。

ブックオフで大量で山積みされていますが、肝心の性格診断は受けられないので注意!

 非常識な成功法則 神田 昌典

本書は、誰もが持っている「悪」の感情のエネルギーを利用し、まずは「心」よりも「金」に優先順位を置くことをすすめる。

通常の道徳観からはタブーとも思われるような論が展開されているが、著者自身がこの「悪」のエネルギーを利用して成功しているだけに説得力がある。

成功した人のきれいごとではなく、多くの金持ちが実践しているやり方を、ありのままに語っているところに特徴がある。

「目標は紙に書くと実現する」「やりたいことを明確にするためには、やりたくないことを明確にしなければならない」「自分でレールを敷く人と、他人にレールを敷かれる人では、人生のスピードが大きく変わってくる」

など、常識の盲点をつく言葉に目を開かせられる。成功者たちがこれまでおおっぴらに語らなかった成功法則が参考になる。

「お金」と「自由」について8つの項目で解説しています。

実践的な自己啓発書としてはかなり読みやすいです。

僕も本書で書かれた「目標は紙に書くと実現する」の具体的な実践方法を試し、TOEICの点数は645点→830点まで伸ばすことが出来ました。

ただ「目標を紙に書く」だけでなく、+αの手順を加えることで、モチベーションが爆上がりする仕組みになっています。

そのカラクリは是非本書で確かめてみてください。

考える技術・書く技術 バーバラ ミント

明快な文章を書くことは、明快な論理構成をすることにほかならない――。

本書は、マッキンゼーをはじめとする世界の主要コンサルティングファームでライティングのコースを教えるバーバラ・ミントが、独自の文書作成術を披露した本である。

著者はまず、多くの人がわかりやすい文章を書けないのは、論理構造に問題があるからだ、と指摘する。

序文で人の注意を引きつけるにはどうすればいいか、相手を説得するのにどんなロジックを用いればいいか、問題点をどうやってまとめればいいか…。

文章について人々が抱くさまざまな疑問点について、それぞれ適切なフレームワークを用意している。

実務でも応用可能な論理的思考の訓練ができる。

仕事で報告書や企画書を作成する必要のある人は、本書の内容を実践することで、戦略に基づいた説得が可能になるだろう。読むのに骨が折れるが、その分密度の濃い1冊だ。

「ビジネスライティング」がテーマの本です。

最初に言っておくと、非常に難解です。

グロービス経営大学院の課題図書に指定される程度のレベル感です。

本書で書かれているレベルのコミュニケーションが取れれば、ビジネスパーソンとして困ることはまず無いはずです。

「ロジカルさ」を徹底的に武器にしたい人にオススメです。

マネジメント[エッセンシャル版] ピーター・F・ドラッカー

ドラッカーが自らのマネジメント論を体系化した大著『マネジメント――課題、責任、実践』のエッセンスを、初心者向けに一冊にまとめた本格的入門書。

本書は、マネジメントの仕事とは実践であり、成果を出すことであると明確に規定する。

そして、そのためにマネジメントが果たすべき使命と役割、取り組むべき仕事、さらには中長期的に考えるべき戦略について、具体的に解説する。

組織で働く人に、新しい目的意識と勇気を与える書。

名前の通り「マネジメント」がテーマの本です。

ドラッカーの著書に興味があるなら、最初の1冊は本書がオススメ。

正直僕も深くは理解できていないのですが、「マネジメント」に関する本を数冊読んだ限り、本書がぶっちぎりで内容が濃く、質が高いと感じます。

Amazonのベストセラーで1位なのも頷けます

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!