第二新卒の転職活動

10ヶ月で退職した僕が特定理由離職者として診断書を貰い失業手当を受給した手順を紹介します

10ヶ月で退職した僕が特定理由離職者として診断書を貰い失業手当を受給した手順を紹介します

半年以上1年未満の勤務期間でも失業手当を受給したい!という人

僕は新卒でWeb広告代理店に入社後、10ヶ月で退職しました。

 

会社を辞めると収入が一気に減るので、カツカツの生活を強いられることになります。

 

そこで失業手当の出番なのですが、受給には一定の条件があります。

離職日以前の2年間に、被保険者期間(※)が通算して12ヵ月以上あること

【社労士監修】失業保険(失業手当)受給の流れや条件は? 雇用保険の諸手続き解説|転職実用事典「キャリペディア」

 

つまり1年以上働いていないと失業手当は支給されません。

うむらうと
うむらうと
10ヶ月で退職した僕は、失業手当を受給出来ないのか…と茫然としていました。

 

しかし、特定の条件を満たせば、6ヶ月以上でも失業手当が貰えるのです。

離職日以前の1年間に、被保険者期間が通算して6ヵ月以上あること

【社労士監修】失業保険(失業手当)受給の流れや条件は? 雇用保険の諸手続き解説|転職実用事典「キャリペディア」

 

もしあなたが「6ヶ月以上勤務していて、かつ会社を辞めていない」なら、1年以上勤務していなくても失業手当を受給できる可能性が非常に高いです。

特定理由離職者に認定されれば6ヶ月以上でも失業手当を受給できる

あなたが失業手当を受給するには、「特定理由離職者」として認定される必要があります。

 

特定理由離職者に認定される条件は様々です。

 

僕の場合は「体力の不足、心身の障害、疾病、負傷、視力の減退、聴力の減退、触覚の減退等により離職した者」として、特定理由離職者として認定を受けました。

 

6ヶ月以上の加入期間でも失業手当を受給する手順は下記の通りです。

 

6ヶ月以上の加入期間でも失業手当を受給する手順

  1. 退職日までにメンタルクリニックで診察を受ける
    ※具合が悪いと言えば何かしらの症状がつきます。体の不調があれば正直に伝えましょう。
  2. 退職後、ハローワークから「主治医の意見書」という用紙を貰う
  3. 再びメンタルクリニックに行って、「主治医の意見書」に記入をしてもらう
  4. 「主治医の意見書」をハローワークに提出し、特定理由離職者として認定を受ける

 

まず初めに、退職日までメンタルクリニックに行き、診察を受けます。

 

そして目まいや吐き気等の症状を訴え、働くことが困難な状態であることをアピールしました。

診察を受けると何かしらの病名が付くはずです。そして診断書を書いてもらいましょう。

 

うむらうと
うむらうと
診断書は必要ありませんが、念のため書いてもらった方が確実です。僕は書いてもらいました。

 

会社に診断書を提出し、働くことが困難であることを申し出ましょう。

 

そして退職後にハローワークに行き、主治医の意見書を貰います。

 

再び病院に行き、「退職した当時は病気が原因で就業が困難だったが、現在は働くことが出来る」ことを証明するために、主治医の意見書に記入をしてもらいます。

うむらうと
うむらうと
現在は元気であることをアピールすれば、現在は就業可能と記入してもらえるはずです。

 

主治医の意見書を初回の認定日にハローワークに提出すれば、特定理由離職者として失業手当を受給することが出来ます。

うむらうと
うむらうと
僕は上記の手順で、特定理由離職者として認定を受け、54万円の失業手当の支給を受けました。

 

特定理由離職者に認定されるためにかかった費用病院の診察代2回分×5000円=1万円ほどなので、十分すぎるほどの見返りです。


特定理由離職者として認定されて失業手当を貰えたよ

入社後に半年以上1年未満で会社を辞める人は、正直そんなに多くないと思います。

 

特定理由離職者の制度を知らず、自分は該当していないと諦めている人もいるでしょう。

 

もし記事を読んでいるあなたが

タカちゃん
タカちゃん
会社を辞めたいけど、1年未満しか働いていないから失業手当は受給されないんだよな…。

と考えているなら、特定理由離職者として認定を受ける準備をしてから、会社を辞めるべきです。

 

既に6ヶ月以上働いていて、まだ会社を辞めていない場合、あなたが失業手当を貰える可能性は格段に高まります

 

うむらうと
うむらうと
退職する前にメンタルクリニックに行けば、後の手順はどうにでもなります。

 

一方で

シマリスくん
シマリスくん
まだ6ヶ月も働いていないんだよな…

 

その場合は、体力に限界が来ていない限り、まずは半年働くことをオススメします。

 

失業手当を貰いながら転職活動が出来るので、その後が生活がとてもラクになります

 

僕は失業手当を受給しながら、転職エージェントを活用していました

 

失業手当を受給している旨を伝えれば、転職エージェントが事情を考慮した上で、最適なアドバイスをしてくれます

 

うむらうと
うむらうと
dodaマイナビは知名度が高く、担当者の質も高いので、オススメできる転職エージェントです。 

 

→dodaに登録して求人を見てみる【登録無料】

→マイナビに登録して求人を見てみる【登録無料】

 

下記の記事でも、僕がオススメする転職エージェントを紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

 

うむらうと
うむらうと
ぜひ当記事を参考にして、失業手当の制度を活用しちゃいましょう!
ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!