旅行

シェムリアップープノンペン間をGiantibisのバスで移動してみた

シェムリアップープノンペン間をGiantibisのバスで移動してみた

僕は2019年の4/12~5/1に18泊20日で東南アジアを一人旅していました。

シマリスくん
シマリスくん
おつかれさん
タカちゃん
タカちゃん
楽しそうだな

今回はシェムリアップ-プノンペンをGiantibisのバスで陸路入国した時のことを記事にしてみました。

この記事が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。

・Giantibisの感想を知りたい人

・シェムリアップ-プノンペンのバス移動の感想を知りたい人

安心と信頼の「Giantibis」

シェムリアップープノンペン間を走っているバスは多数ありますが、僕はGiantibisをオススメします。

Giantibisをオススメできる3つの理由

①添乗員さんがとても親切
→点呼の確認はもちろん、国境沿いでの手続きのアナウンスなど丁寧です。

②添乗員さんの英語が流暢
→聞き取りやすい英語でした。欧米人も多数乗車していて、問題なくコミュニケーションを取れていました。

③時間をきっちり守る
→東南アジアは割と時間にルーズなバス会社が多いようですが、出発時間や休憩時間は厳守でした。余計な遠回りも特にありませんでした。

実際に僕はGiantibisでバンコク‐シェムリアップ‐プノンペン‐ホーチミンをバスで陸路横断しました。

添乗員さんの対応も親切で、快適に移動することが出来ました。

僕のようなバックパッカー初心者や、飛行機よりは安く済ませたいけど快適さは確保したい!人はGiantibis一択ですね。

値段は他のバス会社と比べるとやや高いですが、飛行機と比べると断然安いので、ここはお金をケチらずに安心をお金で買っちゃいましょう!


ホテルからシェムリアップのバス乗り場へ

早朝にホテルをチェックアウト、すぐさまPassappを召喚。Grabに比べると現在地の指定がしやすいので、GrabよりPassappの方が好きです。

バス乗り場の住所はこちらです。シェムリアップ市街地にあるのでアクセスは良好です。

出発1時間前には到着したのですが、乗り場では既に多くの人がバスを待っていました。
バンコク行きのバスを待っている人もいました。

受付に印刷したチケットを見せると、「出発の際はアナウンスするので座ってお待ちください。」とのこと。英語は流暢で対応に全く問題はありませんでした。

午前8時45分、定刻通り出発しました。

いざプノンペンへ出発!

出発後すぐに軽食が配られました。

(写真はバンコク‐シェムリアップ間のものですが、配られた内容はこれと同じです。)

Wifiが飛んでいたので、Youtubeで暇をつぶしてました。ありがたかったです。

クーラーも効いていて、各自座席上部のファンで調節も出来ました。

Giantibis専属レストラン(?)で昼食休憩

正午になるとレストランに到着。25分の昼食休憩。

フライドヌードル目玉焼き乗せとコカ・コーラを注文。これで確か4.5ドルでした。
味は可も無く不可も無く。やや高いかな…。

レジ近くの看板を見てみると、このレストランはGiantibisの休憩所として用いられているようです。この店さぞ儲かってるだろうな…。

休憩を終え、プノンペンへ向かいます。

無事プノンペンへ到着!

そのままバスに乗っていると午後4時頃には到着しました。

国境は超えないので、バスを降りる必要も無く、トラブルも特にありませんでした。

他のルートでもGiantibisのバスで移動したので、興味がある方は下記の記事もチェックしてみてください!

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!