仕事

仕事を辞めた時の開放感を全人類なら1度は味わうべき【ヤミつきになります】

仕事を辞めた時の開放感を日本人なら1度は味わうべき【ヤミつきになります】

  • 仕事で完全に疲れ切っていて、身も心もヘトヘト…
  • 仕事を辞めたいけど決心がつかない、仕事を辞めた後が不安
  • 仕事を辞めて、ひとまずゆっくり過ごしたい

 

こういった疑問に応えていきます。

 

当記事で分かること

  • 新卒1年未満で仕事を辞めた僕の体験談を知ることができる
  • 仕事を辞める際の懸念事項に対する対処法が分かる

 

みなさんは仕事を辞めた時の開放感を味わったことがありますか?

 

僕は新卒で入社したWeb広告代理店を10ヶ月で退職しました。

 

うむらうと
うむらうと
会社を辞めた時の開放感バンジージャンプよりもスリルがあって心地の良い瞬間でした。

 

僕は「仕事を辞めた時の開放感を全人類なら1度は味わうべき」だと考えています。

大げさに聞こえるかもしれませんが、本気です。

 

仕事を辞めた時の開放感によって、人間の内面に眠っているセンスや感性が呼び起こされる素晴らしい体験が待っているのです。

仕事を辞めた時の開放感を具体的に挙げてみた

満員電車に乗らなくて良い

満員電車に乗るのはストレスも溜まりますし、体力的にもしんどいです。

 

うむらうと
うむらうと
駅にいるほぼ全員が暗そうな顔でスマホを見ながら、とにかく陰鬱な表情をしていますね…。

 

首都圏の上り方面の電車は、毎朝アホみたいに混んでいて、僕は思わず「奴隷トロッコ」と名付けたくらいです。

 

おまけに帰りの電車も混んでいるので、ストレスでしかありません。

 

満員電車に乗らないことで、心身ともに消耗せずに、フレッシュな毎日を送れます。

好きな時間に起きられる

仕事を辞めると好きな時間に起きられるので、とても開放感があります。

 

会社勤めだと毎朝同じ時間に起きる必要があり、体力的にしんどいです。

 

うむらうと
うむらうと
起きたくないのにイヤイヤ起きるってのは、最高に気分が悪いですね…。

 

夏場にクーラーがガンガン効いた部屋で、時間を気にせず昼過ぎまで3度寝するのが人生の楽しみと言っても過言ではありません。

 

仕事を辞めると今後の予定が皆無になるので、心行くまでたっぷり睡眠を取れて、幸福を味わえます。

好きな趣味に没頭できる

仕事を辞めると時間があり余るので、会社勤めでは出来なかった趣味に取り組むことが出来ます

 

仕事を辞めたら1番オススメしたい趣味旅行ですね。

 

会社勤めだと長期の休みが取れない上に、休暇シーズンは料金が高く、旅先でも日本人ばかりという踏んだり蹴ったりの始末…。

 

旅行と聞くと高いイメージを持つかもしれませんが、LCCの普及により値段は大分抑えめになっています。

 

例えば東京-タイ・バンコクは往復2万円で航空券が取れますし、東京-ドイツ・フランクフルトは往復8万円で行けちゃいます!

 

→Expediaで飛行機とホテルを調べてみる

→agodaで飛行機とホテルを調べてみる

副業に取り組む時間が出来る

仕事を辞めても副業かよ…」と萎える方もいるかもしれません。

 

しかし仕事を辞めた時こそ、副業を始めるべきです

 

人生100年時代と呼ばれる中で、賃金労働と年金だけで食い繋ぐとなれば、70歳でも肉体にムチ打って働くことが十分にあり得るご時世です。

 

うむらうと
うむらうと
仕事を辞めて心身ともに余裕があるうちに、自らの手で資産作りに励むべきです。

お金と仕事は正直どうにでもなります【実体験】

タカちゃん
タカちゃん
仕事を辞めたいけど、お金も無いし、次の仕事は見つからなさそう…。

 

結論から言えば、お金と仕事は正直どうにでもなります

 

仕事を辞めたいのに、辞める決心がつかない原因「お金」と「次の仕事探し」に尽きると思います。

失業手当を貰えばお金の心配はいりません

もしお金の面で心配があるなら、失業保険を受給しましょう。

 

給料の2/3に相当する額がハローワークから支給されます。勤務年数によって期間は異なります。

 

うむらうと
うむらうと
実際に僕は失業手当で54万円を貰うことが出来ました。めっちゃ大金ですね。

 

ただし1年以上社会保険に加入している(≒会社で働いている)ことが条件です。

 

とはいえ6ヶ月以上でも失業手当を受給する「裏技が存在するので、下記の記事でご紹介しています。

 

 

逆に言えば6ヶ月未満だと失業手当は貰えないので、余裕があれば6ヶ月以上働くことをオススメします。

次の仕事探しは転職のプロに相談しよう

タカちゃん
タカちゃん
次の仕事探しが面倒だし、あまり見つかる気がしない…

 

もしあなたが第二新卒なら、転職エージェントへの相談をオススメします。

 

第二新卒とは「学校を卒業後、1~3年で転職を志す25歳前後の人材」を指します。

転職エージェントに登録すべき5つの理由

  1. 転職活動で必要なサポートを無料で受けられる
    →独力より圧倒的に効率が良い
  2. 企業との給与交渉や日程調整を代理で行ってくれる
    →心理的な負担がなくなる
  3. 個別での相談や、専門的なカウンセリングをしてくれる
    →転職活動に対する不安や疑問を解消できる
  4. 適性診断を通して客観的な「自己分析」が可能
    →自分に合う希望の仕事や企業が見つかる
  5. 面接対策履歴書の書き方の指導が受けられる
    →内定獲得までの包括的なサポートを受けられる

 

転職エージェント第二新卒の強み・弱み・クセを知り尽くしています

 

また緻密なヒアリングと適性診断から、あなたに合った仕事を紹介してくれます。

 

そもそも現在の仕事を辞めるべきか?」という相談も、転職のプロの目線からアドバイスを貰えるので魅力的です。

 

登録&利用は完全無料なので、「あまり合わないな…」と思ったら、その時点で利用を辞めてOK

 

うむらうと
うむらうと
今の仕事がキツい」とか「自分に合ってない」と感じるなら、まずは転職エージェントに相談して、客観的なアドバイスを貰うと良いでしょう。

 

 

新卒10ヶ月で仕事を辞めて開放感を味わった話【体験談】

僕は新卒で入社したWeb広告代理店を10ヶ月で退職しました

 

月80時間の残業や、業務内容に対する興味の乏しさなど完全に働く気はゼロになっていました。

 

適応障害を発症し、休職を経て復帰したものの、業務量が改善される見込みは無かったのです。

 

そんな時に僕はたまたま退職代行EXITの特集をテレビで目にします

 

僕は日曜日の夜に退職代行EXITに依頼し、翌日月曜日から会社に行きませんでした。

 

うむらうと
うむらうと
今思うと無責任な行動だったと思いますが「もう会社に行かなくても良い!」という気持ちの方がはるかに上回っていました。

 

会社を辞めてから最初の1週間は、下北沢のマックでひたすら読書して時間を潰したり、近所にある大きな公園でボケーっとして過ごしていました。

 

ボヘミアン・ラプソディ」が上映されていたので、平日昼間のガラガラなスクリーンでフレディーマーキュリーの歌声を楽しんでいたのも懐かしい思い出です。

 

そして僕は旅行というアクティビティに目覚めてしまいました

 

仕事を辞めてから6ヶ国を旅しました

 

ミャンマー4泊5日、東南アジア18泊20日(タイ・カンボジア・ベトナム・ドイツ)、ドイツ5泊8日…。

 

うむらうと
うむらうと
海外旅行を通して、僕はノマドワーカーを志すようになり、タイかマレーシアあたりでリタイアメントビザを取得する目標も出来ました。

 

→退職代行EXITの公式HPを見てみる

 

仕事を辞めた時の開放感は今後の人生の糧になる

仕事を辞めた時の開放感は、ぜひ1度はみなさんに味わってほしい体験です。

 

仕事を辞めた時に感じる開放感のおかげで、心身ともにリフレッシュされて、気持ちも整理された状態になります。

 

うむらうと
うむらうと
将来についてじっくり考えてみたり、今まで取り組めなかったアクティビティに取り組むと、あなたの内面に潜んでいた感性やセンスが表面化するかもしれません!

 

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!