仕事

「仕事についていけない…」と感じた時の5つの対処法を紹介します!

「仕事についていけない…」と感じた時の5つの対処法を紹介します!

  • 仕事についていけなくて精神的に辛い
  • 自分の実力不足で気持ちが萎えている
  • どうにか仕事が出来るようになりたい

本記事で分かること

  • 「仕事についていけない」と感じる原因が理解できる
  • 「仕事についていけない」時の対処法が分かる

仕事についていけない…」という状況は非常に辛いですよね。

自分の能力不足を認めることになりますし、周りからの評価も低いままです。

そこで当記事では「仕事についていけない」と感じる5つの原因と、その対処法5選について書いてみました。

「仕事についていけない」と感じる5つの原因

自分の能力以上を要求される

今の自分のスキルと比べて、明らかにレベルの高い仕事を任されることもあると思います。

見方を変えれば、能力以上の仕事を任せられるのは、あなたに大きな期待が寄せられている証拠です。

とはいえ仕事を進めていく中で、時には困難かつ理不尽な出来事に遭遇することもあるでしょう。

その場合には信頼出来る同僚や上司に相談することで、解決策が見えてくるかもしれません。

苦しい状況ではありますが、あなたが成長できるチャンスと捉えられれば良いですね。

上司があなたのキャパを把握していない」という可能性もあるので、最善を尽くしても難しいのであれば、上司に状況を説明しましょう。

職場の雰囲気や社風についていけない

入社したは良いものの、想像していた雰囲気や社風と違い、ギャップに戸惑うこともあるでしょう。

企業によっては部署によって大きく雰囲気が違う場合もあります。

もし自分に合っていそうな部署があれば、然るべきタイミングで異動願を出すのも手です。

まずは1年間だけでも働くことで、職場の雰囲気や社風が本当に自分に合っていないのか確かめてみよう!

ある程度時間が経つにつれて、職場の雰囲気や社風にも慣れて、むしろ仕事をしやすいと感じる可能性も十分に有り得ます。

ただし明らかなパワハラやいじめを受けているなら、労基署などに相談した上で、すぐに退職の準備を進めるべきです。

業務量が多い

業界・職種によっては、業務量が多いのは避けられません。

僕も新卒で入社したWeb広告代理店で月80時間の残業を行い、10ヶ月で退職した経緯があります。

Vokersのような転職サイトで。入社前に業務量をリサーチしておくのも有効です。

また当初は業務量が多いと感じていても、慣れていくにつれて、テキパキと仕事を進めていけるようになるかもしれません。

シマリスくん
シマリスくん
業務量が多いのであれば、業務の調整を図れないか上司に相談してみましょう。

周りの社員が優秀すぎる

周りの社員はテキパキ仕事を進めている一方、自分では何をやっていいのか全く分からない…。

僕も以前の会社ではこんな状況でした。

結論から言えば、自分のレベルを引き上げるしかありません。

  • 仕事以外の時間を使って自習する
  • 分からない部分を明確にした上で上司や同僚に質問する
  • 日々振り返りを行い、明日に活かせる点は無いか掘り下げる

1年もあれば、かなりのレベルアップが期待できるはず。

仕事に限らず、最初は周りの人ってみんな凄く見えてしまうものです。

タカちゃん
タカちゃん
あまり焦ることなく、日々ステップアップするのが大事!

入社前に想定していた業務内容と異なる

中途採用であれば、入社前にあなたの求められる役割が明確に提示されているはずです。

にも関わらず、提示された業務内容と異なる仕事を振られた場合は、上司にその背景の説明を求めるべきです。

もちろんあなたも臨機応変に対応する必要はあります。

しかし提示された内容とは別の仕事を行う場合、あなたの強みが活かされず、長期的に正当な評価を受けられなくなるのは明らかに損です。

ただしあなたが新人なら、まずは目の前の仕事を完遂させましょう

実績も実力も無く、いきなり花形の仕事に就けるわけではありません。

まず信頼を勝ち得ることで、少しずつ理想の仕事に携われるようになります。


「仕事についていけない」時の対処法5選

業務に優先順位を付ける

仕事が出来る人は、徹底して業務に優先順位を付けています。

「力を入れるべき場面で力を入れて、手抜くべき場面で手抜く」スキルですね。

シマリスくん
シマリスくん
「適当そうに見えるのに、アイツ上司からの評価はかなり高いんだよな~」

みたいな人がいたら、1度その人の仕事ぶりを観察してみましょう。

その人の「力の入れ時」に着目することで、何かヒントが見えてくるはずです。

自分の得意な領域で勝負する

仕事をしてきた中で、自分が結果を出せた仕事や、あまり苦にせず進められた仕事は無いでしょうか。

自分に強みがあれば、それをアピールすることで、あなたが成果を出しやすい仕事にアサイン出来る可能性が高まります。

タカちゃん
タカちゃん
自分に強みなんか別にねえし…

そんなあなたには、パーソナリティの面から自分の強みを発掘してみることをオススメします。

シマリスくん
シマリスくん
自分の強みはなかなか自分では分からないので、客観的に探ろうとする姿勢も大切です

自分へのご褒美をあげる

やっぱりご褒美を貰えた方が、人間頑張れますよね。

なので自分で自分にご褒美をあげちゃいましょう。

週末頑張ったご褒美に、ポテチとビールで乾杯するのもサラリーマン感ありますね。

上司・先輩に現状を相談する

自分の力だけでは、仕事についていくのが難しい…。

そんな場合は、既に書いた通り上司・先輩に相談しましょう。

相談する際のポイントしては下記の通りです。

  • 仕事についていけない現状を受け止め、その原因を探る
  • 出来ること・出来ないことを明確にする
  • 今の現状をどのように調整してもらいたいかハッキリと伝える

潔く転職する

今まで書いた方法を試しても上手くいかないなら、潔く転職しましょう。

ただしどれだけ仕事についていけない状況でも、1年は今の職場で頑張るべきです。

1年あれば人は成長出来ますし、心境の変化も十分起こり得る期間です。

逆に言えば1年経っても仕事についていけないと感じるなら、その先大きな進歩はあまり見受けられないかもしれません。

ただしあなたが新卒なら2~3年はポジティブに取り組むべきです。学生から社会人への移行はやはり時間がかかります。

仕事についていけないなら退職も検討すべき

「仕事についていけない」と感じる5つの原因と、その対処法5選について書いてきました。

時間による慣れや、周りからのサポートを得られれば、少しずつあなたの仕事のレベルも上がっていくはずです。

シマリスくん
シマリスくん
もう仕事についていけなくて限界だ…

ただし精神的に追い込まれているようであれば、割と早めに退職を考えましょう。

あくまで無理しない範囲で、仕事のレベルを上げていければ理想ですね。

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!