大学生活

スーパーのバイトの概要・メリット&デメリットを紹介します!【体験談】

スーパーのバイトの概要・メリット&デメリットを紹介します!【体験談】

  • スーパーのバイトに興味がある
  • スーパーのバイトのメリット・デメリットが知りたい
  • スーパーのバイトに向いている人を知りたい

 

こういった疑問に応えていきます。

 

当記事で分かること

  • スーパーのバイトの概要(業務内容・時給など)
  • スーパーのバイトのメリット・デメリット
  • スーパーのバイトに向く人・向かない人

 

僕は大学生の時に、いなげやというスーパーで2年間アルバイトをしていました

 

首都圏に100店鋪以上展開している大型スーパーです。

知名度はそこそこ高いと思います。

 

結論から言えば、スーパーのバイトは楽ですが、スキルは身につきません

 

楽して時間をお金に換えたい人には、スーパーはオススメのバイトです。

 

一方で、高時給でスキルを身に付けたい人には、スーパーは向いてないと言えます。

スーパーのバイトの概要

業務内容・職種

スーパーのバイトは職種ごとに、募集をかけられているケースが多いです。

スーパーのバイトの主な職種一覧

  • レジ
  • サービスカウンター
  • グロサリー部門
  • 惣菜調理
  • ベーカリー
  • 精肉部門
  • 鮮魚部門
  • 青果部門

 

僕は青果部門で働いていました。

 

青果部門の業務内容は下記の通りです。

青果部門の主な業務内容

  • 商品の梱包・品出し
  • 作業場の掃除
  • 商品の見切り作業
  • 翌日の作業の下準備

 

業務内容はルーチンワークなものが多いです。

 

社員の人は良い人ばかりで、バイト仲間は同じ大学生でした。

 

そのため、人間関係に悩まされることは全くありませんでした。

 

時給

僕が働いていたいなげやのバイトは、当初は時給950円でした。

 

その後、最低賃金の上昇によって、時給も上昇します。

 

最終的に、辞める直前になって時給1,000円にアップしました。

 

スーパーのバイトは、どこも時給はそんなに高くありません。


スーパーでバイトする3つのメリット

①バイト初心者でも始めやすい

スーパーのバイトは、比較的単調な業務が多いです。

 

高校生も募集しているので、業務はそこまで難しくありません。

 

そのため、バイト初心者でも苦にせず続けられます

 

見方を変えれば、モチベーション・やりがいは薄いと言えます。

②自宅から近い

スーパーは、住宅街に店舗を構えているケースが多いです。

 

そのため、割と通いやすい場所に位置していると言えます。

 

僕はバイト先のスーパーから、徒歩10分の場所に住んでいました。

 

うむらうと
うむらうと
実際、僕がスーパーでバイトし始めたのは「家から近かった」という理由です。

③大晦日に特売セールがある

バイト先のスーパーでは、大晦日に特売セールを行なっていました。

 

そして売れ残った商品は、従業員価格で買えました

刺身盛り合わせが500円、パンが30円、国産和牛が300円など…。

 

年に1回のお楽しみですが、とても嬉しかったです。

スーパーでバイトする3つのデメリット

①スキルが身につかない

スーパーのバイトは、業務が単調なので、スキルが身に付きません

 

ルーチンワークの連続なので、ひたすらに手を動かすだけです。

 

接客スキルもそこまで高いレベルでは求められず、身に付くかと言えば微妙です。

 

うむらうと
うむらうと
実際、就活でもスーパーでのバイト経験はあまり評価されませんでした。

②肉体的にしんどい

スーパーのバイトは、基本的に肉体労働です。

 

運搬作業や清掃業務など、そこそこ疲労が溜まります。

レジ打ちの人も常に立ちっぱなしで大変そうでした。

 

包丁を扱うなど、怪我をするリスクもあります。

③時給が高くない

いなげやのバイトは、時給はそこまで高くありません

 

最低賃金ベースでしか貰えないと思っておきましょう。

 

中には交渉で時給を上げた人もいましたが、ごく少数です。

 

業務が単調なので、仕方ないと言えば仕方ないですね。

まとめ:スーパーのバイトが向く人・向かない人

スーパーのバイトの概要とメリット・デメリットについて書いてきました。

 

最後に「スーパーのバイトが向いている人」を紹介します。

スーパーのバイトに向いている人

  • バイトの経験が無い
  • 自宅から近い場所でバイトしたい
  • 単調な作業が好き
  • 接客が好き
  • 将来、小売業界で働きたい

スーパーに限らず、スーパーのバイトに向いている人は上記のような感じだと思います。

 

一方で「スーパーバイトに向いていない人」は下記の通りです。

スーパーのバイトに向いていない人

  • 高時給で働きたい
  • バイトを通してスキルを身に付けたい
  • 華やかな場所でバイトがしたい
  • 接客が好きではない
  • 体力に自信が無い

 

正直、僕は「家から近い」理由が無ければ、スーパーでバイトしていなかったと思います。

 

とはいえ、割とラクなバイトだと思うので、興味があれば応募してみましょう。

 

→マッハバイトでスーパーのバイトを探してみる【採用されたらボーナス最大1万円!】

 

 

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!