第二新卒の転職活動

【第二新卒】転職活動に失敗した6つの理由を紹介します!【体験談】

【第二新卒】転職活動に失敗した6つの理由を紹介します!【体験談】

  • 第二新卒として転職活動をしていて、なかなか上手くいかない
  • 新卒で入社した会社を辞めたいけど、転職活動が上手くいくか不安
  • 第二新卒の転職活動での失敗談を知りたい

こういった疑問に応えていきます。

当記事で分かること

  • 第二新卒として転職活動をした僕の失敗談を知ることが出来る
  • 第二新卒が転職活動を効率的に進めるための方法が分かる

僕は新卒で入社したWeb広告代理店を10ヶ月で退職しました。

退職した後、正社員になるべく転職活動を開始します。

先に結果を述べると、6か月間にわたる期間で、80社以上にエントリーし、内定は1社も出ませんでした。

うむらうと
うむらうと
当記事では、僕が転職活動に失敗した5つの理由を自分なりにまとめてみました。

第二新卒で転職活動に失敗した6つの理由【体験談】

①新卒1年未満で退職した

新卒1年未満で退職すると、企業側からは根性が無さそう」、「どうせまた辞めてしまうのではないか」と思われがちです。

実際僕は80社エントリーしましたが、書類通過したのはわずか14社でした。

いわゆる大企業は全て落選し、中小企業だけ通過しました。

面接を受けても退職理由について深堀りされる機会が多く、やはり面接官も新卒1年未満での退職をネガティブに捉えているようでした。

うむらうと
うむらうと
10ヶ月で退職はちょっと…」とボヤかれたこともありました。

②志望動機が定まっていなかった

正直に言えば企業にエントリーする際は、かなりテキトーに選んでいました

職種は営業か事務で、業界は何でもいいや」と軸を定めずに、片っ端からエントリーする適当さ…。

ネットで気軽にエントリー出来るので、SNSで見かける新商品の無料キャンペーンみたいなノリで応募していました。

うむらうと
うむらうと
  いざ面接が決まって志望動機を考えてみても「あんまり興味無いなあ~」という感じで、やる気も起きませんでした。

面接の際に志望動機を話しながら「俺が今話していることってめっちゃ浅いよな…」と常々感じさせられました。

何より面接を受ければ受けるほど「この仕事には興味無いなあ…と感じてしまい、選択肢が潰えていくのが恐ろしかったです。

③転職先を確保する前に会社を辞めた

僕は転職先を確保する前に、会社を退職しました。

退職代行業者に依頼をして、逃げるように会社を辞めていきました。

うむらうと
うむらうと
  会社を辞めた後のことは、一切考えていませんでした。とにかくすぐに辞めたかった…。

僕自身今でも退職代行を利用して、会社を辞めたことに後悔はありません。

しかし転職先を確保していないと、転職先が決まらなかった場合、空白期間となってキャリアが不利になります

もしあなたが転職するか否か迷っているなら、まずは転職サイト・エージェントに応募して、自分の市場価値を把握すると賢明です。

④「何とかなるだろう」と楽観視していた

正直に言えば、転職活動を始めた当初は「慶応大学卒だし、TOEIC750点だし、まあ何とかなるだろ?」と楽観視していました。

しかし転職活動では職歴での評価が全てです。

うむらうと
うむらうと
新卒採用のように学歴とポテンシャルだけで、評価される世界ではなかった…。

学歴の評価もほぼ無意味ですし、TOEICの点数も評価されている実感は全くありませんでした。

書類選考で散々落とされてようやく「相当マズい状況なんだな…」と認識させられました。

⑤そもそも仕事に対する意欲が低かった

僕は新卒で入社して真っ先に「俺って仕事に対する意欲がめちゃくちゃ低いな…。」と痛感させられました。

うむらうと
うむらうと
残業なんか1秒もしたくないし、キャリアアップとか興味無いし、面倒な人間関係はクソだと思っていました。

そもそも仕事に対する意欲が低かったので、ましてや転職活動で意欲的に取り組めるはずがありません。

また転職活動を進めていくうちに、興味が無い仕事ばかりなことに気付き、ますます意欲を失ったという背景もあります。

⑥条件面ばかり重視していた

僕は企業に応募する際に、自分が望む条件ばかりを重視していました。

うむらうと
うむらうと
年収は300万円以上で、残業ゼロ、英語使う仕事が良い、勤務地は近い方が良い、教育体制が充実していてほしい…。

自分が企業に対してどんな価値をもたらせるか?という視点がまるでゼロでした。

しかも僕は新卒10ヶ月で退職したため、中途人材として活かせるスキルは皆無です。

採用しようと考える企業がいなかったのも、今となっては当然のことだったのかもしれません。


第二新卒の転職活動で失敗したくないならプロに相談

僕が転職活動で失敗した理由を述べてきました。

僕自身は転職活動に失敗しましたが、それでも第二新卒でも転職のチャンスは十分にあると思っています。

とはいえ第二新卒世代はスキルや社会経験に乏しく、企業側にアピールをするのは、正直かなりハードルが高いです。

第二新卒とは「学校を卒業後、1~3年で転職を志す25歳前後の人材」を指します。

初の転職活動職務経験&スキル不足職務経歴書や面接でのアピール方法給与交渉…。

少し考えただけでも、不安要素が多々あることが分かります。

うむらうと
うむらうと
僕は転職エージェントを利用せずに、転職活動をしていました。「転職エージェントを利用しておけば良かった…!」と後悔しています。 

第二新卒が転職エージェントを使うべき理由は、下記の通りです。

第二新卒が転職エージェントに登録すべき5つの理由

  1. 転職活動で必要なサポートを無料で受けられる
    →独力より圧倒的に効率が良い
  2. 企業との給与交渉や日程調整を代理で行ってくれる
    →心理的な負担がなくなる
  3. 個別での相談や、専門的なカウンセリングをしてくれる
    →転職活動に対する不安や疑問を解消できる
  4. 適性診断を通して客観的な「自己分析」が可能
    →自分に合う希望の仕事や企業が見つかる
  5. 面接対策履歴書の書き方の指導が受けられる
    →内定獲得までの包括的なサポートを受けられる

転職エージェントはプロの目線から、あなたに寄り添ったサポートを行い、内定獲得まで真摯に向き合ってくれます。

転職エージェントに相談するだけでも、現在抱えている悩みや不安に対する解決策が見えてくるかもしれません。

うむらうと
うむらうと
下記に僕がオススメする転職エージェント毎のオススメポイントを紹介しています!

第二新卒向け転職エージェント毎のオススメポイント!

絶対に登録しておきたいのがdoda&マイナビ&就職ショップ

うむらうと
うむらうと
もっと第二新卒向けの転職エージェントを知りたい方は、下記の記事も合わせてご覧ください!

対面での相談が面倒なら、スマホであなたの市場価値を算出できるミイダスがオススメです。

優良企業50,000社以上がミイダスを利用し、たった5分であなたの経歴を公開できます。

市場価値を踏まえた年収が算出される上に、企業からのオファーも届くので、社会人なら1度は試しておきたい転職アプリです。

うむらうと
うむらうと
ミイダスの登録&利用は完全無料。転職サイトやエージェントを利用するのが面倒な人にオススメです。
ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!