TOEIC

TOEICの服装は何を着ていけば良い?→着慣れた服でOKです

TOEICの服装は着慣れた服でOKです

「TOEICの服装って何を着ていけば良いか迷うな…。

TOEICの運営元は服装に関して何か指定しているのだろうか?

TOEICの服装に関する情報を知ることが出来たら嬉しいです!」

 

こういった疑問に応えていきます。

 

当記事を書いている僕は、TOEICを10回以上受験していて、2019年3月に830点を取得しています。

 

 

TOEICの服装選びは、一見すると些細な問題かもしれません。

 

しかし、初受験の場合や季節の変わり目などは、つい頭を悩ませてしまいますよね。

 

結論から言えば、TOEICの試験は、普段から着慣れた服装で全く問題ありません

 

ただし、1枚羽織れる上着があればベターです。

 

外は暑いのに、会場内が寒くて、寒暖差で体調を崩すというリスクがあるからです。

(僕はこのパターンで以前やらかしました。後述します。)

 

逆のパターンで、ヒートテックを着ると汗だくになるリスクも考えられます。

 

ちなみにTOEIC運営元は、服装に関する制限事項を設けていません

 

ただし服装に関して、下記のような案内を出しています。

試験教室の温度については、ご要望に沿えないことがありますので、体温管理の出来る服装でお越しください。

参考:試験当日について|TOEIC Bridge Test|【公式】TOEIC Program|IIBC

 

安易に着脱可能な服装が、望ましいということですね。

 

ちなみにTOEICでは面接が無いので、小綺麗なファッションを意識する必要はありません。

 

中学生・高校生は制服を着用するか迷うかも知れませんが、私服で良いでしょう。

 

実際、試験会場で制服姿の受験者を見かけたことは、これまで1度もありません。

  • TOEICの服装は、普段から着慣れた服でOK
  • ただし羽織れる上着など、着脱可能な服装が望ましい
  • TOEIC運営元は服装に関する制限事項を設けていない

TOEICの服装選びで失敗した話【体験談】

僕は1回だけ、服装選びでTOEICに失敗したことがあります

 

試験当日は、暑い夏の日で、気温は30度を超えていました。

 

僕は暑がりなので、Tシャツにステテコというラフな服装で、会場に向かうことに。

 

ところが、教室に入ると「寒い…」と思わず唸るくらいのクーラーの効きっぷり

 

試験開始30分で、完全に体は冷え切り鼻水が出てきて、全く試験に集中出来ません

 

点数も良いものではなく、服装が原因で、散々な結果に終わってしまいました。

 

上着が1枚あれば対処出来ただけに、大きな後悔と反省が残ったのは残念です。


TOEICの証明写真の服装も自由でOK

TOEICの証明写真の服装も、特に規定はありません。

 

そもそも証明写真は、服装は襟元くらいしか映りません。

 

就職活動や大学受験のように、人柄や印象をアピールするものではないので、気軽に撮ってください。

 

あくまでTOEICの証明写真は。本人確認のための役割しかありません

 

実際、僕は就職活動で使用した写真や、寝起きでボサボサのまま撮った写真を使ってきました。

 

しかし、TOEICの試験会場でトラブルになったことは全くありません。

  • TOEICの証明写真の服装は何でもOK!気軽に撮っちゃいましょう!

TOEICの服装は難しく考えすぎない

先述の通り、TOEICの服装に関しては、制限事項は一切ありません

 

普段から着慣れている服を着ていけばOKです。

 

どうしても服装選びに迷う方は、試験前日までに着ていく服を決めておきましょう

 

当日は時間をかけずに、迷うことも無いので、ストレスも溜まりません。

 

最後になりますが、慶應義塾大学文学部を卒業しTOEIC830点を取得した僕が、オススメの教材を紹介しています。

 

うむらうと
うむらうと
無料の対策方法も載せているので、TOEICで伸び悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください!

 

 

 

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!