ライフハック

未経験の僕でもWebライターのバイトで月3万円を稼げた話

・Webライターのバイトに興味がある人

・バイトを探している大学生

・Webライターのバイトでどのくらい稼げるか知りたい人

未経験ながらもWebライターのバイトを始めたきっかけ

僕がWebライターのバイトを始めたのは大学2年生の時でした。

留年して時間が余っていたので、バイト探しをしていたところ、某WebメディアでWebライターの募集がある求人を発見します。

大学生向けキャリア情報を発信するメディアで、「大学生×アルバイト×成長」をテーマにした募集内容でした。

とりあえず興味があった僕はその場で応募しました。

※大学生向けのWebメディアでは、ライターのバイト募集を行っていることがあるので、気になる方はチェックしてみると良いかもしれません。

未経験のWebライターのバイトでどのくらい稼げたの?

結論から言うと、毎月3万円稼げました。

報酬は記事1本あたり3,000円、文字数は2000字~という条件でした。

文字単価1.5円なのでそこまで悪くない条件だと思います。

時間が有り余っていたので月に10本のペースで書いていました。

記事のテーマや執筆する上での資料は、先方から既に用意されていたので、自分で1から構成案を考えてライティングするというより、文字起こしといった意味合いの方が強かったです。

そのため、あまり苦にならずに続けることが出来ました!

ちなみに月に1回Webライター同士でのミーティングがあり、渋谷にある本社に出向いていました。

ミーティングは60分で報酬は1,000円+交通費全額支給でした。


ライティングにかかる時間・手間はどのくらい?

バイトを始めたころは1記事当たり3~4時間かかっていました。

完璧を求めすぎたのと、妙にこだわりが強かったことが原因です。

しかし記事を書いていくうちに「短い時間で書いた方が時給換算すると得だな…」という打算的な発想から、徐々に文章もラフな感じになっていきました。

なので最終的には1記事あたり1時間くらいで執筆していました。

時給3,000円と考えると、今思えばめっちゃ美味しい仕事です。

バイトでWebライターをやるメリット・デメリット

メリット

在宅・ノマドワークが可能

一般的なアルバイトと違って、Webライターの仕事はPCさえあればどこでも作業が可能です。

自宅はもちろん、Wi-Fiのあるカフェで作業することも可能です。

気分が落ち着く環境を自ら選んで、仕事に取り組めるのは大きなメリットではないかと思います。

作業時間が自由

基本的に提出期限の締め切りさえ守れば、時間の制約は特にありません。

夜更かし大好きな僕は、自宅で夜な夜な記事を執筆していました。

夜更かしって無駄に過ごしてしまいがちですが、有効活用できる時間に早変わりさせることが出来ました。

ライティングのスキルが身に付く

文章を書くことはどんな仕事においても求められるスキルです。

お金を貰いながらスキルアップ出来て一石二鳥です。

単純作業のアルバイトと比べれば、やりがいがある仕事とも言えます。

就活でアピールできる

就職活動では「どんなアルバイトをしていたか?」をほぼ100%問われます。

実際に面接官にWebライターのバイトをしていたことを伝えると、食いつきが良く、話も弾みました。

就活でアピールできる材料が無い…!という人にとってはWebライターのバイトは大きなメリットになるはずです。

デメリット

執筆出来る量に限界がある

どこから案件を受注しているかにもよりますが、条件に合う案件が見つからない限り、Webライターとしての仕事は発生しません。

僕のバイト先では、Webライター陣とは別に、編集部が記事のネタを考えていました。

しかしネタの本数が少ない月もあり、他のWebライターと仕事の取り合いになった結果、月に3本しか執筆できない月もありました。(稼ぎは1万円ほど)

案件の確保に困らないように、クラウドソーシングなどの登録先は出来るだけ多いほうが良いかもしれません。

時給制のアルバイトの方が楽に稼げる

先ほども書いたように、案件が確保できない場合、自ずと収入は減ってしまいます。

イベントスタッフのアルバイトであれば1日で10,000円稼ぐことも可能です。

Webライターのバイトで10,000円稼ごうとなると、10,000~20,000字も執筆しなければなりません。(文字単価0.5~1円の場合)

大学のレポートや卒業論文並みの文字数が要求されるので、そう考えると単発の時給制アルバイトの方が楽といえます。

もちろんWebライターのバイトにはメリットもたくさんあります。
なのでWebライターのバイトは、あくまで副業程度に行うのが良いかもしれません。

未経験でもWebライターのバイトで稼いじゃおう!

未経験でもWebライターのバイトで稼ぐことは十分に可能です。

ただしあくまでも副業レベルの収入で、最初は報酬が低いことを覚悟しなければいけません。

継続さえできれば収入アップも十分に見込める仕事です。

ブログやWebサイトを立ち上げる際にも、ライティングスキルは間違いなく活きてきます。

何よりWebライティングは楽しいし、スキルアップにつながるので、興味があったらやってみることをオススメします!

ABOUT ME
うむらうと
うむらうと
慶應義塾大学文学部を卒業→Web広告代理店(ASP)に入社→月80時間の残業に耐えきれず10ヶ月で退職→半年間のニート生活中にブログを開設【目標】2021年にノマドワーカーとして世界中を放浪します! TOEIC830点(2019/03) 仕事・英語・恋愛・ライフハック・旅行をテーマに記事を書いています!